衆知【2022年1・2月号】特集「変革を生み出す」

在庫なし


衆知【2022年1・2月号】特集「変革を生み出す」

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [編]PHP研究所
税込価格 1,100円(本体価格 1,000円)
判 型 A4変型判
仕 様 並製
ページ数 96ページ

「やってみなはれ」精神で「ワン・サントリー」を目指す新浪剛史社長、「ゆかり」で有名な三島食品・三島豊会長、新たな仕組みで食品ロス解消に挑むクラダシ関藤竜也社長の取り組みとは。巻頭対談は華道家元の池坊専永氏。


一流のリーダーに学び“人間力”を磨く

2022年1-2月号巻頭対談は、華道家元四十五世の池坊専永氏をゲストに迎え、“心”と“文化”の継承について、パナソニック松下正幸特別顧問と語り合います。伝統を継承しながら時代の変化に合わせた変革をいかに進めていくかなど、波乱の人生を振り返りつつ、現代における華道のあり方をうかがいます。
特集「変革を生み出す」では、企業内にとどまらず広く業界や社会に変革をもたらすリーダーたちの取り組みと考え方から、そのヒントを探ります。創業者・鳥井信治郎氏の「やってみなはれ」精神を受け継ぎ、数々の挑戦を生み出してきたサントリーグループ。「ワン・サントリー」の実現を目指す新浪剛史社長に、「ビームサントリー」の徹底改革や「サントリー大学」での人材育成など、変革をもたらすための取り組みと考え方を語っていただきます。ロングセラーの赤しそふりかけ「ゆかり」を看板商品に持つ広島発の食品メーカー三島食品。社員の能力を引き出し、イノベーションにつなげる「B面活動」というユニークな仕組みなど、挑戦し続ける会社づくりの要諦を三島豊会長にうかがいます。廃棄されていた食品に新たな価値をつけて販売する社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を立ち上げ、フードロスや環境問題の解決に挑むクラダシ。関藤竜也社長に新しいビジネスモデルによる取り組みと今後の展開について語っていただきます。
シリーズ「実践『自主責任経営』」では、元キリンビール副社長の田村潤氏に、やり切る文化を育てるリーダーのあり方についてうかがいます。特別企画では京セラ創業者・稲盛和夫氏のフィロソフィを指針とした経営について、そして「『全員参加経営』実践のヒント」では稲盛氏が説く「アメーバ経営」の実践例を紹介。スターバックスコーヒージャパンなどで経営を担った岩田松雄氏の講義録も必読です。