「食品衛生の3原則」ハンドブック

在庫あり

「食品衛生の3原則」ハンドブック

  • 見本ページ

    商品本体のページの一部のPDFデータをご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [監修]小林一寛(医学博士)
税込価格 648円(本体価格 600円)
判 型 A5判
仕 様 並製
ページ数 32ページ

大切な「食品衛生の3原則」。でも「ちょっとくらい…」と手抜きしたり、「そこまでしなくても大丈夫」と過信したりしていませんか? それが食品事故を招きます。

安全な食品を提供するうえで基本中の基本が「食品衛生の3原則」。すなわち「清潔」「迅速」「加熱・冷却」の徹底です。この3原則を実践していくにあたり、とくに重要な点をピックアップし、好ましくない考え方や方法をまじえながら、「なぜそうしなければならないのか」「守らないとどのようなことが起きるのか」などを簡潔にわかりやすく解説していきます。
備考 ◆◆◆本書の内容◆◆◆

●確認! 「食品衛生の3原則」とは
1.なぜ3原則は大切?
2.食中毒菌はこんなにいる! ――主な種類と特徴
*[コラム]こんなこと考えたり、したりしていませんか?

●原則1  「清潔」~菌をつけない!
1.菌を持ち込まない! ――正しい服装を守る
2.手洗いは基本中の基本!
3.「清潔第一」の徹底を ――物も清潔に
*[コラム]健康管理に気をつけよう

●原則2  「迅速」~菌を増やさない!
1.あっ! という間に増える食中毒菌!
2.冷蔵庫(室)に入れても要注意!
3.増える時間を与えない ――迅速が命
*[コラム]“5S”って?

●原則3 「加熱・冷却」~菌をやっつける!
1.加熱しても死なない菌がある?
2.加熱殺菌、冷却保存 ――温度管理が勝負!
*[コラム]役に立つマニュアルとは?


DVDと本書とのセットもございます。詳細はこちらをご覧ください。


※この書籍は書店での一般市販はいたしておりません。