フィードバック入門
部下を立て直し成長を促す技術

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 見本ページ2

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 見本ページ3

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 マネジャー(リーダー候補者~部長クラス)
受講期間 2カ月
教材構成 テキスト2冊・インターネット添削2回
一般受講料 本体 13,000円 +税
特別受講料 本体 12,000円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 中原淳(立教大学経営学部 教授)
執筆講師 同上

この商品のねらい

年上部下、育たない若手、指導する時間もない……悩める現代のマネジャーを救う新しい人材育成法が「フィードバック」です。本コースでは、基礎理論から実践的なスキル、マネジャーの心構えまでを学びます。
フィードバックは、端的に言えば「耳の痛いことであっても、部下の仕事の現状をしっかり伝えて、将来の行動指針をつくる」技術です。
いま、多様化する職場の人材に対応できず、「部下に任せるよりも自分で動いたほうがいい」と部下育成がおろそかになるマネジャーが数多くいます。しかし、そうすると部下が育たないばかりかチームがバラバラになり、成果もあがりません。目の前の部下が育つかどうかは、マネジャー次第。「他者を動かし、チームとして成果を上げる」マネジャー育成のため、ぜひ本コースをお役立てください。

通信教育資料請求
本コースを特設サイトで詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

この商品の特徴

1)個人の仕事の問題だけでなく、職場全体に視野を広げ、前向きに問題解決に取り組む姿勢が身につきます。
2)これからマネジャーになる人でも、すぐにフィードバックを実践できるよう、ていねいに解説しています。
3)多くの企業で実際に起こっている事例を9つ収録。フィードバックの実践的な理解に役立ちます。

学習の内容と流れ

【1】基礎理論編

[PART1]「マネジャー」を考える
(1)マネジャーは何をする人か
(2)「マネジャーの仕事」を考える
(3)「実務担当者のトップ」から「マネジャーの初心者」に
(4)マネジャーの三つの課題
 
[PART2]今は「人が育ちにくい」時代
(1)今は「部下育成困難時代」
(2)マネジャーには部下育成をする余裕がない?
(3)「ハラスメント意識」の高まり
(4)目標管理制度の機能不全

[PART3]人が育つ基礎理論
(1)部下育成の基礎理論
(2)経験軸 ~経験学習と部下の三つの心理空間~
(3)ピープル軸 ~「点」ではなく「面」での育成を~
(4)フィードバックは最強の人材育成法

[PART4]魅せる力
(1)フィードバックの基本
(2)事前準備:SBI情報の集め方
(3)フィードバックの5ステップ+1
(4)フィードバックはステップ通りにはいかない

【2】実践編

[PART5]フィードバックを成功させるためのポイント
(1)マネジャーの心構え
(2)1on1 ~忙しい時代のコミュニケーション法~
(3)フィードバックをするタイミング
(4)「脳内予行演習」で作戦会議
(5)フィードバックの成功を手繰り寄せる七つのコツ
(6)フィードバックを受ける側のポイント
 
[PART6]シーン別で考える フィードバックケーススタディ
(1)<評価面談>耳の痛いことを通知したら相手が落ち込んでしまった
(2)<評価面談>評価に「納得いかない」と反論された
(3)<評価面談>相手が泣き出してフィードバックができなかった
(4)年上の部下が話を聞いてくれない
(5)部下が多すぎてフィードバックができない
(6)普段、顔を合わせない部下へのフィードバック
(7)部下が「お友だち状態」で話ができない
(8)<評価面談>言い訳ばかりする責任逃れ部下
(9)部下に言葉が通じない

[PART7]フィードバックに必要なマネジャーの「人間観」
(1)マネジャーに求められる「人間観」とは
(2)部下は上司を見ている