わかる! 身につく!
製造現場の基礎知識50

  • 見本ページ1

    テキストの見本をPDFデータでご覧いただけます。
  • 添削問題見本

    添削問題の見本を画像データでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

対象 製造部門の若手社員~中堅社員
受講期間 2カ月
教材構成 テキスト1冊・ケーススタディワークブック1冊・添削2回(マークシート)
一般受講料 本体 13,000円 +税
特別受講料 本体 12,000円 +税
※ガイドブックや制度受講などを前提とした法人様からのお申し込みの場合、特別受講料を適用させていただきます。
監修 一般社団法人日本生産技能労務協会
執筆講師 同上

この商品のねらい

常に最高品質の製品を安定供給するためには、現場の担当者一人ひとりの確かな知識と実践力が重要です。
本コースでは、生産管理・品質管理に関する考え方やスキルを50の項目でわかりやすく解説。製造現場に必須の基礎知識をしっかり身につけることを目指します。

この商品の特徴

1)生産管理・品質管理の基礎を50のポイントに整理。体系的に学べます。
2)豊富な図表やフォーマット例により、学んだことをすぐに実践に活かせます。
3)実際に起こったトラブル事例をもとにした別冊「ケーススタディワークブック」付き!

学習の内容と流れ

【PART1】

(Section1)生産管理の基礎知識
1.生産方式の分類と特徴
2.生産管理とは
3.生産計画とは
4.生産能力の計算と工程設計
5.日程計画を立てる

(Section2)作業・工程管理の基礎知識
6.作業標準書をつくる
7.作業の能率を確認
8.標準時間を設定する

(Section3)資材・在庫管理の基礎知識
9.資材管理の考え方
10.入庫・出庫の管理
11.在庫とは
12.倉庫管理と棚卸

(Section4)納期管理の基礎知識
13.納期管理とは
14.納期遅れへの対策

(Section5)設備管理の基礎知識
15.設備管理の考え方
16.故障の分類
17.設備保全の方法
18.設備の稼働率

(Section6)作業・工程の改善
19.5S活動の徹底
20.視覚的に管理する
21.TPM活動に取り組む
22.多能工化を推進する
23.IE手法による改善

(Section7)安全衛生管理の基礎知識
24.安全衛生管理の大切さ
25.さまざまな安全対策


===== レポート提出 =====


【PART2】

(Section8)品質管理の基礎知識
26.品質管理の重要性
27.品質管理(QC)とは
28.品質管理のPDCA
29.バラつき・不具合をなくす

(Section9)品質管理の実践
30.品質管理の進め方
31.QC工程図のつくり方
32.QC七つ道具(1)
33.QC七つ道具(2)
34.QC七つ道具(3)
35.新QC七つ道具の活用
36.問題解決のステップ
37.QCを進めるストーリー
38.対策の着眼点
39.QCサークルの活動について

(Section10)品質データの活用
40.数値データと言語データ
41.統計的手法の活用
42.正規分布
43.サンプリングと誤差

(Section11)品質の保証と不具合への対処
44.検査の目的と方法
45.自工程の品質を保証する
46.不具合が発生したときの解決手法
47.品質不具合の経験を生かすために
48.品質クレームへの対応

(Section12)ISOの基礎知識
49.ISO9000シリーズ
50.ISO14000シリーズ


===== レポート提出 =====


修了証発行