人間を考える
発売日
2014年12月17日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-82227-3

人間を考える
新しい人間観の提唱・真の人間道を求めて

著者 松下幸之助著 《パナソニックグループ創業者》
主な著作 人生心得帖/社員心得帖』、『指導者の条件』、『若さに贈る』、『社員稼業』(PHP研究所)
税込価格 961円(本体価格890円)
内容 松下幸之助ほど人間について深く思索し、それを経営に活かした人物はいない。その思索の集大成として発表された新しい人間観とは。

松下幸之助ほど人間について深く思索し、それを経営に活かした人物はいない。「人間とは何か」という命題は東西古今を問わず、哲学者たちが挑んできた究極のテーマであるが、本書は経営者である著者が、20年以上の思索と人生経験から導き出した一つの解答である。

 本書の制作に際し、半年の間に60数回にも及ぶゲラ(校正刷り)の検討がなされた。最後の校閲が終わったとき著者は、「自分はこれまでいろいろなことを考え、話してきたが、結局このことが言いたかったのだ。自分の考え方の根本はこれに尽きる」と真情を吐露したという。

 宇宙の本質から始まり、宇宙と人間との関係、人間の使命へと展開していく著者の思索の根幹は「人間は万物の王者である」ということである。そこから誰もが磨けば光るダイヤモンドであるという人間尊重の精神が生まれ、一方で王者としての大きな責任も生じるのである。松下経営の真髄を知るための必読書。