ひとりでいること みんなとすること
発売日
2015年10月26日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82722-3

孤独と共感のバランス練習帖
ひとりでいること みんなとすること

著者 松浦弥太郎著 《文筆家、COW BOOKS主宰、くらしのきほん編集主幹》
主な著作 今日もていねいに。』(PHP研究所)
税込価格 1,620円(本体価格1,500円)
内容 孤独を愛しつつも、人と協調し、共感を得て仕事をすることが得意な松浦弥太郎さんが大切にしている静かな内省の時間と人とのつながり方。

本書は、おもに孤独について書かれた『愛さなくてはいけない ふたつのこと』と、おもに共感について書かれた『40歳のためのこれから術』の二冊から、読むだけで孤独と共感のバランスのとり方の練習となるようなエッセイをよりぬき、再編集したものです。

 松浦弥太郎さんが大切にしている、自分を役立てるために必要なことがぎっしりとつまっています。人と深くつながること、孤独を恐れない勇気、人生の楽しみを分かち合うために優先すべきこと――。静かな内省の時間があるから、あたたかな人とのつながりがもてる。孤独を愛しつつも、人と協調し、共感を得て仕事をすることが得意な松浦さんのこれまでの学びを共有できます。

 第一章 孤独と共感どちらも大切、第二章 孤独と共感のバランスがあなたを大人にする、第三章 自分をひらくレッスン、第四章 ひとりでいること みんなとすることの四章立てです。