「世界の神々」がよくわかる本
発売日
2005年12月01日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-66551-1

「世界の神々」がよくわかる本
ゼウス・アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで

著者 東ゆみこ監修 《神話学者》
造事務所
主な著作 <東・主な著作>『猫はなぜ絞首台に登ったか』(光文社新書)
税込価格 700円(本体価格648円)
内容 ゼウス、オーディン、アポロン、ポセイドン……。ファンタジーの世界をもっと楽しみたい人に贈る世界の神々109人を紹介したガイド。

日本に古事記から生まれた八百万の神様がいるように、世界にも神話の世界から生まれた神々が多数存在する。

 ギリシァ神話には華麗なるオリュンポスの12神とその血族たちが、ケルト神話にはヴァイキングたちに信仰された勇猛な神々たちが、クトゥルー神話には怪奇小説家ラヴクラフトの生み出した暗黒の邪神が、それぞれ独自の世界観を持ちながら世界中の人々に親しまれている。

 本書はギリシァ・北欧・クトゥルーに加え、ケルト・インド・メソポタミア・エジプト神話に登場する109の神々の横顔を紹介したものである。

 好色家であるにもかかわらず恐妻家だった最高神ゼウスや、神々の仲間ながら最終的に神々と対立したロキ、創造神の地位をブラフマーから奪い取った多重人格神シヴァなど、どのような神々がいて、どのような活躍をしたかが手軽にわかるようになっている。現代的で斬新なイラストも満載の、世界神話の手引書になる一冊。

 文庫書き下ろし。