はじめて考えるときのように
発売日
2004年08月02日
在 庫
在庫僅少
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-66203-9

はじめて考えるときのように
「わかる」ための哲学的道案内

著者 野矢茂樹文 《哲学者》
植田真絵
主な著作 『哲学の謎』(講談社現代新書)
税込価格 669円(本体価格619円)
内容 考えるってどうすること?――。見えない枠組みを疑う、自分を外に開く。上手に考えるためのヒントを解説するイラスト満載の哲学絵本。

「考えるってどうすること?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

 本書では、「考える」とはどういうことなのか、どうすればもっと上手に考えられるようになるのかを、心なごむ絵とともにやさしく解き明かします。たとえば、なぞなぞを解くことが哲学のきっかけになっていたり、なにげなく見ている夜空の星から「問題」の本質が見えてきたりする――そんな、身近な例をたくさんあげて、「考える」ということの本質に迫ります。また、身近な話題だけでなく、論理学によって、よく言われる「論理的に考える」ということは、実はできないということも証明します。

 見えているものをそのまま見ているだけでは考えることはできません。無知や無秩序からは問いは生じないからです。見えない枠組をはずし、いろんな知識をもち、いろんな理論を引き受けるからこそ、多くのことを鋭く問い、考えられるようになるのです。

 本当の「考える力」が身につく哲学絵本。