進化の迷路
発売日
2007年08月01日
在 庫
在庫あり
判 型
A4判変型上製
ISBN
978-4-569-68728-5

進化の迷路
原始の海から人類誕生まで

著者 香川元太郎作/絵
冨田幸光監修
主な著作 時の迷路』、『文明の迷路』、『自然遺産の迷路』、『伝説の迷路』、『続・時の迷路』、『昆虫の迷路』、『宇宙の迷路』、『物語の迷路』、『乗り物の迷路』(PHP研究所)
税込価格 1,404円(本体価格1,300円)
内容 恐竜やマンモスに出会いながら、迷路を抜け、かくし絵を見つけます。進化の島の謎とは……? 楽しみながら生命の歴史を学べる一冊。

大好評『時の迷路』『文明の迷路』『自然遺産の迷路』に続く第4弾! 古代生物をめぐる進化の島へ出発し、盗まれたディスクを探します。遊びながら生命の歴史に興味を持てる一冊。

 進化の島の研究所からスタート→「三葉虫の入り江(カンブリア紀・オルドビス紀)」→「魚たちの海(シルル紀・デボン紀)」→「巨大シダの沼(石炭紀・ペルム紀)」→「は虫類の森(三畳紀)」→「恐竜の平原(ジュラ紀)」→「花と恐竜の谷(白亜紀)」→「ほ乳類の丘(第三紀)」→「けものたちの高原(第四紀)」→「原人の洞窟」→「進化の木」

 各エリアにある、迷路、かくし絵、むつかしい迷路、クイズなど、一見開きで何度でも遊ぶことができます。また、最後の問題でもある「進化の島の謎をさぐれ」では、探し物をするため、再度各頁に戻り、更なる面白さを発見できます。見返しやカバー袖にまで、かくし絵やクイズが入り、思う存分楽しめる迷路絵本です。