大事なことはみんな女が教えてくれた
発売日
2017年06月01日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76724-6

ソニー元社員のひみつノート
大事なことはみんな女が教えてくれた

著者 松井政就著 《作家》
主な著作 『本物のカジノへ行こう!』(文藝春秋)
税込価格 734円(本体価格680円)
内容 ”変態さん”と呼ばれるソニー元社員が、学生時代から会社員時代、作家になってからも起こり続けるありえない話をまとめたエッセイ集。

ありえない話の連続だがどれも本当にあったエピソードばかり。競馬新聞の記者をあきらめて、1990年になんとなく入社したソニーでは、人事部の憧れの女性とのほろ苦い思い出を皮きりに、深夜にいきなり起こして訳もなく謝罪させる美女、勝手に玄関に将軍様のポスターが貼られたり、引っ越してきた当日に発砲事件が起きるなど、映画のなかで生きているかのような抱腹絶倒のエッセイ!

 「なかでも、学生時代やソニー時代を通じて出会った女の人たちからは、たくさんのことを教わりました。田舎育ちで何も知らなかったぼくは、彼女らに親切にされ、遊んでもらい、時に手痛い洗礼も受けながら、世の中のことや大人の世界のことを学びました。いわば、ぼくという人間は、彼女たちとの経験や思い出によってできているのだと感じました。そんな人たちへのお礼の意味も込め、一冊にまとめたのが本書です。笑っていただければ幸いです。」(あとがきより)

 書き下ろし。