日本の危機管理力
発売日
2009年10月01日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-77382-7

日本の危機管理力

著者 若田部昌澄
「国家のリスク・マネージメント研究会」著
主な著作 <若田部・主な著作>『経済学者たちの闘い』(東洋経済新報社)
税込価格 3,024円(本体価格2,800円)
内容 経済危機、パンデミック、自然災害、テロ……襲い掛かるさまざまなリスクに、わが国はどう対処するのか? 日本の危機管理力を問い直す。

金融危機・パンデミック・テロ・自然災害など、わが国を取り巻くリスクは日々多様化・複雑化している。危機に立ち向かい、国民の生命と安全を守るために、政府はどう動くべきか?

 

 本書は各界の第一人者が集い、日本の危機管理力の分析と提言を行った研究書である。金融危機・新型インフルエンザ対策といった喫緊の課題だけでなく、日本の国制を規定する憲法はどうあるべきか、といった領域まで踏み込んで論じている。

 

 本書の内容

 序章 国家のリスク・危機管理に向けて(若田部昌澄)

 第1章 危機管理としての憲法(河野勝)

 第2章 サブプライム危機と時価会計(竹森俊平)

 第3章 政府の危機管理と過剰介入(蟻川靖浩)

 第4章 リスク・危機管理としてのマクロ経済政策(若田部昌澄)

 第5章 日本におけるテロ対策の展開(金子将史)

 第6章 巨大災害への対応とガバナンスの課題(永松伸吾)

 第7章 健康危機管理からみた新型インフルエンザ対策(箱崎幸也)

 終章 次の危機が起こる前に