毎日のことだから。7分目くらいがちょうどいい
発売日
2016年08月22日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-83406-1

毎日のことだから。7分目くらいがちょうどいい

著者 後藤由紀子著 《雑貨店「hal」店主》
主な著作 『毎日続くお母さん仕事』(SBクリエイティブ)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 家事も仕事も「7分目くらい」がちょうどいい。毎日のことだから無理なく続けられることが一番。人気雑貨店店主のがんばりすぎない暮らしのヒント。

家事も子育ても仕事も「7分目くらい」がちょうどいい。静岡県沼津市にある人気雑貨店「hal」店主 後藤由紀子さんが、日々の暮らしを無理なくまわしていくためのヒント。

 家事や子育てをしながら、器や雑貨のお店をスタートさせた後藤さん。優先順位として一番大事なことは?と考えたときに、「家族そろってごはんを食べること」と、自ずと答えが出てきたといいます。だから、閉店時間は16時。もっともっとがんばることはできるかもしれないけれど、そうしてしまうと、一番大事な家族のことや家のことがおろそかになってしまう。すべてを100%、120%でがんばってしまうと(がんばって続けられたらすばらしいけれど)、やはりなかなか続かない……。暮らしは毎日まわっていくもの。だからこそ、7分目くらいのほどよい加減で、日々のことを気持ちよくまわしていきたい。後藤さんご自身が心がけていらっしゃることを写真とともに綴ります。

 ■目次
●第1章 まいにちのことだから。家仕事も7分目で 
●第2章 仕事を続けるための7分目ルール 
●第3章 こだわりは持っていたい――好きなこと、もの、人は10割以上で付き合う 
●第4章 体や気持ち、がんばりは7分目でちょうどいい