いくつになっても、今日がいちばん新しい日
発売日
2017年06月16日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫僅少
判 型
B6判変型並製
ISBN
978-4-569-83645-4

いくつになっても、今日がいちばん新しい日

著者 日野原重明著 《医師、聖路加国際病院名誉院長》
主な著作 『生き方上手』(ユーリーグ)
税込価格 1,188円(本体価格1,100円)
内容 105歳の日野原重明先生が教える“上手な老いかた”とは? 歳を重ねるごとに心もからだも輝かせる秘訣を紹介。好評書の新装復刊。

「人が生涯積み重ねた経験は、つくりあげた財産よりもはるかに貴重です」

 「自分の中に、まだ未知数のよきものがあるということを信じて、その開発に午後の人生をかけてみる。これがクリエイティブ・リタイアメントの心です」

 「たしかに、年をとるということは、それだけデメリットが増えてきます。しかし、上手に生活すれば、私たちはそれを十分に補うことができるのです」

 「自分の家以上に、私たちは自分のからだを大切に扱わなければなりません。手をかけ、傷んだ箇所に気をつかい、ときどきは入念なチェックをして、上手に使っていかなければなりません」

 年齢を重ねてから前向きに生きるためにかかせない心のもち方とあわせて、医師として伝えておきたいからだのケアまで、具体的に紹介。

 人生の午後を迎える方々へ、思い通りに、そして存分にご自分を輝かせるためのエールとなる一冊。

 好評既刊の新版。