[証言録]海軍反省会 10
発売日
2017年08月18日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
A5判上製
ISBN
978-4-569-83652-2

[証言録]海軍反省会 10

著者 戸高一成編 《呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長》
主な著作 [証言録]海軍反省会 1~9』(PHP研究所)
税込価格 7,560円(本体価格7,000円)
内容 『[証言録]海軍反省会』は11巻で完結である。この10巻では、小柳史料の内容、米内大臣の資質についてなど新たな意見が出る。

『[証言録]海軍反省会』は11巻で完結である。この10巻では、第93回から第112回までを収録する。

 これらの回は昭和62年から平成元年にわたり収録され、昭和天皇のご崩御があり、また高齢の会員が徐々に出席できなくなる傾向が出始める時期である。

 「小柳史料」編纂の背景と海軍出身者としての感想や、連合艦隊における暗号についての意識の低さなど、日本海軍の技術的な問題点も明らかになる。陸海軍との対話不足の実態や、どのようにして日米開戦の「空気」が醸成されていったか、伏見宮軍令部総長、嶋田海軍大臣の問題点など、談論風発の中に事実が浮かびあがる。