待望の文庫化
かも
作品紹介

あらすじ

父の無念を晴らしたい、そんな思いを桜にこめた笙之介は

舞台は江戸深川。主人公は上総国搗根藩で小納戸役を仰せつかる古橋家の次男坊・笙之介。大好きだった父が賄賂を受け取ったと疑いをかけられて自刃。兄が蟄居の身となったため、江戸へやってきた笙之介は、父の無念を晴らしたい、という思いを胸に、深川の長屋に住み、事件の真相究明にあたる。父の自刃には、搗根藩の御家騒動がからんでいた。野心を抱く者たちに押しつぶされそうになる笙之介は、思いを遂げることができるのか。人生の切なさ、ほろ苦さ、人々の温かさが心に沁みる物語。

・「桜ほうさら」とは?

「ささらほうさらだねえ」とは、南信州や甲州で「酷いめにあいましたねえ」ということ。「桜ほうさら」とは、この「ささらほうさら」に物語に象徴的に使われている桜をからめた言葉です。物語の中でどう使われているか、ぜひ読んで味わってみてください。

著者着歴

宮部みゆき(みやべ・みゆき)

1960年(昭和35年)、東京生まれ。
87年、「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。
92年、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、93年、『火車』で山本周五郎賞、97年、『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年、『理由』で直木賞、2007年、『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞。 著書は、時代ものに『<完本>初ものがたり』『あかんべえ』『孤宿の人』『荒神』、「ぼんくら」「三島屋変調百物語」の両シリーズ、現代ものに『模倣犯』『小暮写眞館』『ソロモンの偽証』などがある。

宮部みゆきさんインタビュー

浪人の恋と家族の難しさを描いた最新作『桜ほうさら』

桜ほうさら 立ち読み PDFで読む

※『文蔵』2013年3月号に掲載された、宮部みゆきさんのインタビュー記事をお読みいただけます

登場人物
しょうのすけ

笙之介(しょうのすけ)

江戸深川の富勘長屋に住み、
写本で生計を立てている浪人もの。

わか

和香(わか)

仕立屋・和田屋の娘。
笙之介とは不思議な縁で
関わりを深めていく。

とうこく

東谷(とうこく)

本名・坂崎重秀。
搗根藩江戸留守居役。
笙之介の後ろ盾。

むらたやじへえ

村田屋治兵衛(むらたやじへえ)

貸本屋。笙之介に仕事をくれる人物。
炭団眉毛が特徴。

勝之介:笙之介の兄。剣の腕が立つ野心家だが、父の自刃をうけて蟄居。

古橋宗左右衛門:笙之介の父。御家騒動に巻き込まれ、あらぬ疑いをかけられて自刃。

佐伯嘉門之助:藩校・月祥館の老師。笙之介を書生として預かる。

梨枝:船宿・川扇の女将。東谷の想いびと。江戸における母のような存在。

武部権左衛門:手習所の師匠。

六助:筆墨硯問屋の手代。笙之介の長屋によく顔を出す。

        

<富勘長屋の住人>

太一:子供たちの大将格。笙之介のことを何くれとなく気遣う。

おきん:太一の姉。笙之介に惚れている。

お秀:古着の繕い、洗い張りの仕事で一人娘のおかよを育てている。

ひとめでわかる人物相関図
名場面
桜はなびら1

「二人の女に挟まれた男というものは、この世でいちばん弱くなるのだ。ともかくも事なかれと流され易くなっての。角を立てず、あちらにもこちらにも甘いことを言ってやろうとするうちに、にっちもさっちもいかなくなる」

(第一話「富勘長屋」)

桜はなびら2

「文は人なり、といいます。私はその〈文〉は、文章のことばかりをさしているのではないと思うのです。その人が綴る文字にも、人柄や心模様が表れる。文字も人なり、です」

(第三話「拐かし」)

桜はなびら3 桜はなびら4 桜はなびら5

ーー嘘というものはな、笙之介、こういう形をしておる。

釣り針に似ている、と言った。

釣り針の先には、魚の口に引っかかったら容易に外れぬように、返しがついている。嘘というものにも、返しがついている。

だから人を引っかけるには容易だが、一度引っかかったらなかなか抜けない。自分の心に引っかけるのも容易だが、やはり一度引っかかったらなかなか抜けない。

それでも抜こうと思うならば、ただ刺さっているときよりもさらに深く人を傷つけ、己の心も抉ってしまう。

些細な、つまらぬことで嘘をついてはいけない。嘘は、一生つきとおそうと覚悟を決めたときだけにしておきなさい。(一部略)

(第三話「拐かし」)

桜はなびら6

わからないことに直面したときには、焦ってはいけない。わからぬものを強いてわかろうと、いきなり魚をおろすようにしてしまえば、わからなかったものの本体がどこかへ逃げ去ってしまう。故に、わからぬものに遭遇したら、魚をいけすで飼うようにそれを泳がせ、よくよく見つめることが正しい理解へ至る大切な道筋だ、と。

(第四話「桜ほうさら」)

ご購入
桜ほうさら上
お求めは最寄の書店またはこちらへ!
『桜ほうさら(上)』

[著者]宮部みゆき(みやべ・みゆき)
[本体価格] 740円(税別)
[ISBN] 978 - 4 - 569 - 76481 - 8
購入する



『桜ほうさら(下)』
お求めは最寄の書店またはこちらへ!
『桜ほうさら(下)』

[著者]宮部みゆき(みやべ・みゆき)
[本体価格] 740円(税別)
[ISBN] 978 - 4 - 569 - 76482 - 5
購入する

作品紹介  |  登場人物  |  名場面  |  ご購入