歴史街道
発売日
2014年9月5日
税込価格
648円
(本体価格600円)
在 庫
在庫あり
バックナンバー

歴史街道 2014年10月号

今月号の読みどころ

「欧米列強の侵略からアジアを守るには、まず朝鮮が清国から独立し、近代化した清国・朝鮮と協力することが不可欠」。そのために日本が清と戦ったのが日清戦争でした。しかし清に勝ち、朝鮮の独立を認めさせたものの、日本が望んだ両国との協力関係は得られません。なぜなら清は裏でロシアと結んで三国干渉を仕掛け、日本が干渉に屈すると、朝鮮はこれを侮ってロシアに擦り寄ったからです。日本人の落胆をよそに、超大国ロシアは勢力を拡大、満洲全土、さらに朝鮮半島を窺いました。かくして明治37年(1904)、明治日本は最大の試練を迎えることになるのです。清国・朝鮮との連携が望めぬ中、決然と起った明治人の気概を描きます。第二特集は「Q&A 古墳めぐりを楽しむ」です。
立読み&
WEB連載

今月号の目次

その後の謎を解く鍵としての日露戦争
黒鉄ヒロシ
3p
この人に会いたい
vol.93
吉高由里子
7p
総力特集 清国の密約、朝鮮の混迷… 日露開戦 日本人はなぜ決断したのか
総論 
日清戦争から10年…「維新の総決算」に決然と挑んだ明治人の魂
渡辺利夫
14p
ビジュアル1
「『三笠』を買え!」権兵衛の背中を押したひと言

20p
ビジュアル2
敵を撃滅せんとす! 連合艦隊の主力「六・六艦隊」

22p
ビジュアル3
清国・朝鮮の混迷とロシアの野望

24p
李鴻章が策謀した三国干渉と露清密約…国民国家への道は遥かに遠く
宮脇淳子
26p
コラム1
「臥薪嘗胆」に見る日本と清国の違い

31p
ビジュアル4
戯画「公園の各国児童」が描く国際情勢

32p
日本を侮りロシアの傀儡へ…「事大主義」が近代化への芽を摘み取る
呉善花
34p
コラム2
正鵠を射ていた「脱亜論」

39p
鉄道敷設、満洲を不法占拠…南下を続けるロシアの魔手は朝鮮半島へ
松田十刻
40p
コラム3
シベリア鉄道とロシアの南下政策

45p
日露協商か、日英同盟か…戦争回避の道を模索し続けた伊藤の戦い
河島順一郎
46p
コラム4
もし日露開戦を回避していたら…

51p
年表・日本の外交交渉は実らず…日露開戦への道

52p
日本人は信頼できる…北清事変を機に、小村・林は日英同盟締結へ
江宮隆之
54p
コラム5
勇気と大胆…各国が信頼した日本兵

59p
ビジュアル5
日本人とならば…武士道が結んだ奇跡の同盟

60p
巨大な敵を前に、日本人が「一致協力」で描いたグランドデザイン
平間洋一
62p



まりこふんがご案内! Q&A古墳めぐりを楽しむ あなたの知らない「コーフン」の世界へ
第1部 なぜ鍵穴形? 内部はどうなってる? 古墳の謎と魅力に思わずコーフン!
まりこふん
76p
ビジュアル ワンダ墳! ビューティ墳! まりこふん推しの古墳ベスト22
まりこふん
82p
第2部 事前準備は? 見学のお作法は? 訪問すれば古墳は墳タスティック!
まりこふん
87p



最後まで諦めなかった男…「新幹線の父」十河信二
秋月達郎
122p
特別グラビア
中井貴一
126p



お江戸ぶらり散歩 あの日、あの時、この場所で
第7回 新吉原開業
文・絵 堀口茉純
70p
XX ダブルクロス 史上最大の欺瞞作戦
第3回 成功した二人の二重スパイ
吉田一彦
94p
真田昌幸 連戦記 立国篇
我、六道を懼れず 第17回
海道龍一朗
100p
大東亜戦争写真紀行 世界で感謝された日本人
第6回 苛烈な独立戦争を支えた日本軍人とその「遺伝子」・ベトナム
文・写真 井上和彦
116p
歴史街道・ロマンへの扉
發光院
林 宏樹
134p
江戸の料理再現づくし
第26回 甘鯛のみそ漬・芋なます
向笠千恵子 料理再現・福田 浩
136p
近江花伝
第9回 大津 芭蕉が眠る義仲寺
写真・文 寿福 滋
141p



「歴史街道」伝言板
「歴史街道」伝言板

110p
BOOKS・CINEMA
BOOKS・CINEMA

112p
この著者に注目!
仁志耕一郎

114p
歴史街道脇本陣

131p

歴史街道 とは

「いま、歴史がおもしろい」
 歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。いわば、新しいタイプの歴史雑誌といえるでしょう。