頁数/仕様
176ページ / 縦:18.8cm 横:12.9cm
初版
2018年2月
在庫
在庫あり

子どもの「考える力」が伸びる魔法の質問

毎日のかかわりの中で、「想像する力」「工夫する力」「考えを整理する力」「問題を解決する力」を伸ばす「魔法の質問」を、子育てのさまざまなシーンに応じて多数紹介しています。
著者(肩書) マツダミヒロ《「魔法の質問」主宰》
塩沢節子《チューリップルーム代表》
主な著作 マツダミヒロ:『賢人たちからの運命を変える質問』(かんき出版)
税込価格 1,296円   (本体価格:1,200円)
対象 幼児~小学校低学年の保護者
頁数/仕様 176ページ / 縦:18.8cm 横:12.9cm
初版 2018年2月

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。


「あなたはどうしたいの?」
長女の子育てがうまくいかなかったときに、学んでいたアドラー心理学の講座で問われました。私は心の中で「自分のやりたい保育をしたい。自分の園をつくりたい」と答えました。
自分のやりたい保育とは、自分で感じ、考え、行動できる子を育むことでした。
大人の指示、命令、決められたことや言われたことをそのままやればいいのではなく、自分の心を大事にして大人になってほしいのです。
それから自宅で次女と一緒に幼児園を始めました。
今振り返れば、このひとつの質問で私の人生は変わりました。やりたいことのために、何をすればいいのだろうか? 子育てに行き詰まっていたことも忘れるくらいに前向きに、自分の人生を歩み始めることになったのです。
園を運営しながら勉強を続け、マツダミヒロさんの「魔法の質問」に出会いました。質問の答えはすべて正解であること、自分の中に答えがあること、答えなくてもいいこと、自分とは違う、ほかの人の答えも受けとめることを学び、これらを日々の保育の中で子どもたちに実践しています。
園では、毎日の朝の会で子どもに質問をし、それに答えてもらう時間があります。目を輝かせて自分の答えを表現する子どもたち。答えなくてもいいのですが、答えるつもりで答えられなくなってもいい。この場は何を言っても、言わなくてもいいのだと安心できる場になっています。
そして、自分の考えたことを伝えて受けとめてもらえるので、自信がつき、自分のことがますます好きになっていくようです。中には、朝の会よりも前に「今日の質問なあに?」と聞きに来る子もいます。
一人ひとりの答えを聞きながら、なるほど、と思ったり、子どもが意外なことを言ったりと、子どもの内面に気づくこともあります。
ぜひ、子どもやまわりにいる人たちに質問をしてみてください。質問をするのは相手のことが好きだから。心のドアを、たたいてみてください。きっと何かが変わり始めますよ。 塩沢節子 (「はじめに」より)

【1章】 質問の仕方を変えれば、子どもは伸びる
・なぜ考える力が必要なのか?
・こんな質問をしていませんか?
・質問には5つの種類があります
・魔法の質問で伸びる、子どもの「考える力」
・子どもが興味を持っていることに関心を持とう
・お母さんの固定観念と主観は捨てよう
・魔法の質問をするための3つのルール
・具体的な答えを引き出そう
・シャンパンタワーの法則を知っていますか?
・親子で「考える」練習問題

◆家族で一緒に答えたい質問集(1)

【2章】実践! 子どもの「考える力」が伸びる魔法の質問
<家庭>
1.ブロックや積み木で遊んでいるとき
2.自転車に乗ることができるようになったとき
3.どのおもちゃを買うか迷っているとき
4.公園に行くとき 公園で遊ぶとき
5.散歩に出たとき
6.初めて行く場所に出かけるとき
7.絵本や本を読み終わったとき
8.きょうだいげんかをしたとき
9.将来の夢を考えているとき

<生活習慣>
10.着替えを頑張っているのにできないとき
11.脱いだ靴をそろえるなど、これまでできなかったことができたとき
12.嫌いなものを食べたがらないとき
13.お菓子を際限なくほしがるとき
14.ゲームをやめられないとき
15.食事の準備のお手伝いをしたがるとき
16.お手伝いをお願いしてもやらないとき
17.片づけをしているとき
18.おふろに入っているとき
19.ダラダラして動かないとき
20.夜、なかなか寝ないとき

<園・学校生活>
21.園・学校から帰ってきたとき
22.「先生からほめられた」と喜んで帰ってきたとき
23.忘れ物をしたとき
24.朝、起きないとき 保育園に行きたがらないとき
25.学校から泣きながら帰ってきたとき
26.友達が持っているゲームをほしがったとき
27.発表会でミスをするなど、失敗してしまったとき
28.家で勉強を始めようとしているとき
29.宿題をやりたがらないとき
30.宿題を適当にやって「終わった!」と平気でいるとき
31.毎日の勉強がなかなか習慣にならないとき

<その他>
32.新しい習い事にチャレンジするとき
33.習い事に行きたがらないとき
34.習い事をやめたいと言い出したとき
35.習い事の練習や宿題をやりたがらないとき
36.「自分はどうせ何もできない」と言い出したとき
37.先生や親、大人に対して不満を言い出したとき
38.友達ができないとき
39.将来の夢がえがけないとき
40.自分の容姿を気にしているとき

◆家族で一緒に答えたい質問集(2)

【3章】お母さん自身を満たす魔法の質問
・まずは悪い感情を吐き出そう
・自分の気持ちや現状を客観視しよう
・自分の感情は自分で選べる
・自分を満たせば相手が変わる
・自分を満たす方法に気づく質問
・イライラを落ち着かせるための質問
・優しい気持ちになるための質問
・ガマンしていることをかなえる質問
・どんな自分・母・妻でいたいか