暴力・パワハラのないスポーツ指導を目指して~実践!グッドコーチング

パワハラのないスポーツ指導を目指して。
現場で起こりうる事例から
指導者のあるべき姿を学べるガイドブック!

シリーズ発刊趣旨

PHP研究所はスポーツ庁や日本スポーツ協会の協力の下、スポーツ指導者を対象とした暴力・パワハラ予防のためのテキスト『実践!グッドコーチング』を2019年6月に刊行しました。このテキストはさまざまな競技団体のご評価を得て、4万人のスポーツ指導者の教育研修にご活用いただいております。
今回はその第2弾として「ジュニア指導編」を発刊し、暴力・パワハラ事案の多くを占める小学・中学・高校生の指導に焦点をあて、事例や指導法をわかりやすく解説しています。
これからのスポーツの未来を担う青少年に対する指導者によるパワハラの防止は喫緊の課題です。本テキストをガイドブックや研修の資料として、ぜひご利用ください。

『実践!グッドコーチング』 内容(目次)イメージ写真

このテキストは、スポーツ関連10団体以上、学校関係者からのヒアリングをもとに「スポーツ指導あるある」を多数掲載。スポーツ庁、日本スポーツ協会・制作協力、日本スポーツ法学会・監修のもと、現場での対応策を具体的に提案しています。
※書店では販売しておりません。

最新刊『実践!グッドコーチング・ジュニア指導編』 内容・目次

『実践!グッドコーチング』ジュニア編

PDF立ち読み

最新刊『実践!グッドコーチング・ジュニア指導編』  内容の試し読み
最新刊『実践!グッドコーチング・ジュニア指導編』  内容の試し読み

第1部 基本編

  • グッドプレーヤー像・グッドコーチ像
  • プレーヤーズセンタードなコーチ
  • ハラスメントのないコーチング

第2部 ケーススタディー編

  • 1)練習中の不適切なプレーを注意せず注意しなかった
  • 2)口うるさい保護者に練習日・場所をSNSで伝えない
  • 3)「おい、〇〇」と、子どもたち同士で使っているあだ名で呼んだ
  • 4)集中力がないプレーヤーに「本当に聞いているのか」と怒鳴る
  • 5)「あいつはクズだ!」などと審判の悪口をSNSで発信した
  • 6)車でタバコを吸いながら子どもたちを送り迎え
  • 7)親戚の結婚式なのに練習を休ませない
  • 8)プレーヤーの顔めがけてボールを思いきり投げつけた
  • 9)保護者も容認しているから、ゲンコツくらいはいいだろう
  • 10)地域スポーツクラブの会費を一時的に借りた
  • 11)ほかのプレーヤーがいる中で、「今日は生理なのか?」と聞いた
  • 12)身体に触れてフォームを矯正した
  • 13)部活動の休養日なのに、こっそり練習
  • 14)寒空の中、「立って見てろ」と薄着のまま立たせた
  • 15)ハードトレーニングに対する保護者の批判に、過剰反応だと無視した
  • 16)不適切な慣習を変えようとしない
  • 17)他の部員の前で「外国人だからわからないよ」
  • 18)このポジションをやりたいと、あなたが言ったのよね?
  • 19)おれの言うことだけを聞いてやっていればいいんだ!
  • 20)キャプテンに部員を殴らせた
  • 21)ケガをしているのに、本人と保護者の要望で試合に出場させた
  • 22)本人の意向を無視して、進学の話を進めた
  • 23)重要な大会が近いので、授業より練習を優先させた

好評既刊『実践!グッドコーチング』 内容・目次

『実践!グッドコーチング』

PDF立ち読み

『実践!グッドコーチング』 内容の試し読み
『実践!グッドコーチング』 内容の試し読み

第1部 基本編

  • スポーツ指導者に求められる役割
  • パワーハラスメントとは?
  • パワーハラスメントを起こさないために
  • 日本スポーツ協会公認スポーツ指導者資格の概要

第2部 ケーススタディー編

  • 1)愛のムチとしてビンタをくらわした
  • 2)制限を設けずグラウンドを走らせ熱中症になった
  • 3)ルールを破った部員に丸刈りを命じた
  • 4)マッサージと称して部員の身体を触った
  • 5)先輩指導者の体罰をコーチとして見て見ぬふりをした
  • 6)ミスの連帯責任として全員に正座させた
  • 7)「負けたのはおまえのせいだ!」とキャプテンを罵倒した
  • 8)親がチームに協力的でないからと試合に出さない
  • 9)試合中にプレーヤーに対して汚い言葉で怒鳴る
  • 10)「どんなことをしてでも勝て!」とプレッシャーをかけた
  • 11)自分の方針に異を唱えた部員を仲間はずれにした
  • 12)学校にパワハラを訴えた保護者をうそつき呼ばわりした
  • 13)私的な用事を部員に言いつけた
  • 14)根拠のない高負荷な練習でプレーヤーにケガをさせた
  • 15)必要以上に体重を落とすように要求した
  • 16)プレーヤーの移籍を指導者が妨害した
  • 17)スキルがあるのに試合に出場させない
  • 18)試合で結果が出ないため、恋人と別れろと迫った
  • 19)入手した個人情報を知り合いに教えた
  • 20)プレーヤーの私的な写真をSNSに投稿した
  • 21)障がいがあるプレーヤーに自分の用具を運ぶよう指示した

推薦のことば

スポーツは自発的な運動の楽しみを基調とする人類共通の文化

公益財団法人日本スポーツ協会は、1964年の第18回オリンピック競技大会(東京)のレガシーのひとつとして、加盟団体等とともにスポーツ指導者の養成を開始し、スポーツ医・科学の知識を活かすとともに、暴力や暴言などあらゆる反倫理的行為を排除し、「スポーツを安全に、正しく、楽しく」指導することができる方を公認スポーツ指導者として認定しています。

残念ながら、昨今のスポーツ界において発生したスポーツ指導者(監督・コーチ)による不適切な指導の中には、公認スポーツ指導者も含まれており、当協会としては、その根絶に向け全力で取り組んでいるところです。

そのひとつとして、養成講習会のカリキュラムについて、これまでは知識・技能に関する内容の比重が多くなっていましたが、2019 年度からは、いわゆる「人間力」と称する「思考・判断(スポーツの意義と価値の理解、コーチングの理念・哲学等)」と、「態度・行動(対自分力、対他者力)」に関する内容の比重を増やしたカリキュラムを導入しています。

これは、スポーツは「自発的な運動の楽しみを基調とする人類共通の文化」であり、そのスポーツの「場」を構成するプレーヤー(選手、アスリートなど)と、プレーヤーを導き支えるスポーツ指導者、プレーヤーを取り巻くすべての関係者(アントラージュ)が、良好な環境を築くためには、スポーツ指導者の「人間力」が非常に重要となるからです。プレーヤーと指導者、保護者の間に信頼関係が存在し、指導者が適切な考えと方法を身につけていれば、暴力や暴言といった不適切な指導は行われないはずです。

グッドコーチングを目指すスポーツ指導者の皆さんは、本書をきっかけに、自身の思考や行動について問いを立て、答えを求め、考える習慣を身につけるとともに、失敗を恐れずに、少しずつでも改善に向けてチャレンジしていただくことを期待いたします。

ご購入は…

『実践!グッドコーチング』のご購入は

※送料
お申込み部数が8部以上は無料。7部以下は800円(税込)とさせていただきます。

※ご納品時期
ご注文から1週間前後でのお届けとなります。

※セット購入について
合計100部以上お申し込みの場合、特別価格540円+税とさせていただきます。

※ご請求方法
商品と同梱にてご請求書・振込用紙をお送りいたします。

最新刊!『実践!グッドコーチング』ジュニア指導編

最新刊!『実践!グッドコーチング』ジュニア指導編

[ 制作協力 ]
スポーツ庁/日本スポーツ協会
[ 法律監修 ]
日本スポーツ法学会
[ 執筆協力 ]
星野邦夫(経営倫理実践研究センター)/土屋裕睦(大阪体育大学教授)
[ 編者 ]
PHP研究所
[ 判型 ]
A5判
[ 仕様 ]
並製
[ ページ数 ]
64ページ
[ 発売日 ]
2020年9月
[ 価格 ]
600円+税
『実践!グッドコーチング』』

好評既刊『実践!グッドコーチング』

[ 制作協力 ]
スポーツ庁/日本スポーツ協会
[ 法律監修 ]
日本スポーツ法学会
[ 執筆協力 ]
星野邦夫(経営倫理実践研究センター)
[ 編者 ]
PHP研究所
[ 判型 ]
A5判
[ 仕様 ]
並製
[ ページ数 ]
64ページ
[ 発売日 ]
2019年6月
[ 価格 ]
600円+税

講師派遣のご相談は……

講師派遣のご相談は……

『実践!グッドコーチング』発刊以来、さまざまなスポーツ団体様より、効果的なパワハラ予防策を講じるために、研修講師の派遣を多数ご要望いただいております。ご希望の方は下記よりご相談、お問合わせください。

[お問合わせは]PHP研究所 企画普及部

〒135-8137

東京都江東区豊洲5-6-52 NBF豊洲キャナルフロント

TEL.03-3520-9631  担当:茂原(もはら)

^