PHP大賞とは

PHP作文甲子園 受賞者発表

PHP誌

2017年、創刊70周年を迎えた月刊誌『PHP』では、
とらわれない素直な心で物事を判断し、
豊かな向上心をもつ若者を育むことをめざし、
中学生・高校生を対象とした「PHP作文甲子園」を開催しました。
1719の応募作品の中から
以下のとおり受賞作を決定いたしましたのでお知らせします。

【募集テーマ】
「心に残るあの人の言葉」


【審査員】
志賀内泰弘(作家)
浅田宗一郎(住職・児童文学作家)
清水卓智(株式会社PHP研究所社長)
大谷泰志(月刊誌『PHP』編集長)


最優秀賞(1名 図書カード3万円分)
宮木唯衣(静岡県浜松市・浜松開誠館高校2年)

審査員特別賞(1名 図書カード2万円分)
生天目咲樹(千葉県柏市・東葛飾高校2年)

優秀賞(10名 図書カード1万円分)
安達泉水(神奈川県川崎市・新城高校1年)
小野桃果(神奈川県藤沢市・慶應義塾湘南藤沢高等部2年)
岸野恵理加(東京都港区・広尾学園中学2年)
島田唯花(香川県観音寺市・観音寺第一高校1年)
杉村さやか(静岡県浜松市・浜松開誠館高校3年)
杉本 玲(東京都北区・東京成徳大学高校1年)
鈴木初留(神奈川県川崎市・新城高校1年)
竹永 凜(広島市・安田女子高校2年)
橘 亮雅(静岡県浜松市・浜松開誠館高校2年)
山田季空(静岡県浜松市・浜松開誠館高校2年)

※50音順・敬称略

入選作品全12編を、月刊誌『PHP』2018年1月号より順次掲載します。

次点
池田悠樹(山梨県甲斐市・日本航空高校1年)
今坂聡佑(静岡県真浜松市・浜松開誠館中学2年)
上村恵子(神奈川県横浜市・神奈川総合高校2年)
牛田叶華(静岡県浜松市・浜松開誠館高校2年)
鬼頭柚羽(神奈川県川崎市・新城高校1年)
小松原美乃(東京都港区・広尾学園中学校2年)
鈴木萌(静岡県浜松市・浜松開誠館高校3年)
高柳寧々(※柳は旧字体)(静岡県浜松市・浜松開誠館高校2年)
内藤愛歌(静岡県浜松市・浜松開誠館高校2年)
中島菜々子(熊本市・熊本信愛女学院高校2年)
原田彩花(東京都港区・広尾学園中学校2年)
松尾綾子(静岡県浜松市・浜松開誠館中学3年)
吉田倖奈(神奈川県川崎市・新城高校1年)
吉田菜花(東京都港区・広尾学園中学校2年)
渡辺奈子(熊本市・熊本信愛女学院高校1年)

※50音順・敬称略

「PHP作文甲子園」審査員選評

浅田宗一郎 (住職・児童文学作家)
最優秀賞の宮木唯衣さんの作品は、「生命誕生の奇跡」を教えてくれるものでした。
母子(おやこ)の愛情あふれる感動作だったと思います。
審査員特別賞の生天目咲樹さんの作品は
苦しみから立ち上がる主人公の姿を鮮やかに描いていました。
「あの日の炎は今もなお燃え滾っている」という言葉は、「作文甲子園」の象徴だと感じました。
今回は、家族との死別・いじめ・挫折など困難とむきあう作品がたくさんありました。
主人公が苦しみや悲しみを受けとめて前向きに生きる姿は
多くの読者に勇気を与えることでしょう。
皆さまの、「純粋な心」は何より尊いものです。
皆さま、これからも、「心に残るあの人の言葉」をよりどころにして、
日々、学生生活を輝かせてください。

志賀内泰弘(作家)
さすが甲子園!全国から屈指の強豪作品が揃いました。
しかし、野球とは異なり、作品同士を戦わせるわけにはいきません。
そこで優劣をつけるという重大な使命を賜りました。
思わず背筋が伸びます。
さて、困りました。いずれも粒ぞろい。甲乙付けがたいとはこのことです。
そこで私は、あることに審査のポイントを置きました。
それは、「一読後、心にズドーンと球が届くか否か?」。
若いけれど、いや若いからこその苦しみ、悩み、悲しみ……
あるいは喜びが、私の胸にどう響くかです。
それは期待を遥かに上回るものばかりでした。
熱い熱いボールに、ミットを付け忘れた私の心は紅く腫れあがってしまいました。
参加者の皆さん!いい試合をありがとう!!

月刊『PHP』とは

読むと前向きになれる人生の応援誌です。


昨日よりも今日、今日より明日の人生が楽しく、充実して過ごせるように、
様々な角度から身近な事例をもとに「生き方」について考えあうPHP研究所の機関誌です。

感謝と思いやりをもって生きるための心の糧として、
性別、年齢問わず幅広い層の方々にご愛読いただいています。

PHP創刊号&松下幸之助 月刊『PHP』の特徴

月刊『PHP』の好評企画


  • 「特集」

    月刊「PHP」の見開き
  • 「生きる」

    月刊「PHP」生きる

※クリックすると拡大します

最新号はこちら

プレゼントに最適!年間購読のご案内


『PHP』誌を購読したい!という方におすすめなのが、
送料無料で、発売日に確実にご自宅にお届けする年間購読。

遠く離れたご家族、ご友人などに『PHP』をお届けする、
プレゼントとしても好評です。

進級、進学、就職などのお祝いにもオススメです。

最新号はこちら

全国のさまざまな企業様で、社員の皆様やそのご家族、
お客様との絆づくりにお役立ていただいております。

心を伝えるプレゼントとして、『PHP』をご活用下さい。

法人活用のご案内はこちら
^