金色の笑顔
発売日
2013年02月28日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
B6判並製
ISBN
978-4-569-81071-3

金色の笑顔

著者 北林雨夏著 《脚本家》
税込価格 1,028円(本体価格952円)
内容 高校二年生の安藤小麦は学校に馴染めず休みがちの日々。そんな中、余命を宣告された祖父から「初恋の人」への届け物を託されて……。

第1回「ありがとう大賞」大賞受賞作品。

 絵にこめられたメッセージと、大切な人への真摯な気持ちが胸を打つ感動作。

 高校2年生の安藤小麦(こむぎ)は、母と祖父の3人暮らし。家庭の事情で転校したものの、学校に馴染めず、日々募る孤独感を自分でも持て余し、母との関係もうまくいかなくなり、不登校予備軍になっていた。そんな小麦をあたたかく見守っていた祖父が余命3カ月と宣告される。

 「この絵を、ある人に届けて欲しい」――病床の祖父から頼まれた小麦は、一度は拒否するが、祖父が元気になるならと、絵を届ける決意をする。信州松本へと旅立った小麦は、そこで出会ったさまざまな人たちとの触れ合いの中で、自分という存在、生きるということに、向き合い始めるようになっていく……。

 「今、この作品を世に送り出すことに意味がある」と選考員絶賛の作品。