衆知【2017年1・2月号】特集「『おもてなし』の真髄」

在庫あり

衆知【2017年1・2月号】特集「『おもてなし』の真髄」

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [編]PHP研究所
税込価格 1,080円(本体価格 1,000円)
判 型 A4変型判
仕 様 並製
ページ数 96ページ

星野リゾートの星野佳路代表、ヒット企画メーカーの小山薫堂氏ら気鋭のリーダーたちが、「おもてなし」の要諦を明かす。松下幸之助にみる流儀も必読。

一流のリーダーに学び“人間力”を磨く

2017年1-2月号の巻頭は、文化庁長官や外交官を歴任した近藤誠一氏とパナソニック松下正幸副会長の特別対談。イギリスのEU離脱やアメリカ大統領選のトランプ候補の勝利など国際政治が大きく揺れ動く今、国家、企業、個人が守るべき民主主義の理念について語り合います。
特集「おもてなし」の真髄では、日本を代表するリゾート運営会社・星野リゾートの星野佳路代表が、現場の創意工夫と地域の魅力を生み出す独自のメソッドを紹介。日本らしさを重んじた「世界で勝つためのおもてなし」に迫ります。また、京都銘菓の老舗・聖護院八ッ橋総本店の鈴鹿可奈子専務には、人と地元を大切にする伝統精神と、それにもとづいた新たな挑戦についてうかがいます。新ブランドに込められた思いとは――。そして、幅広い分野で企画やプロデュースを手掛ける放送作家・脚本家の小山薫堂氏にうかがうのは、人を惹きつけ、幸せをもたらす発想法。「企画はサービス」と語るその真意に迫ります。松下幸之助にみる「おもてなし」の心とともに、業種を問わず求められる「お客様大事」の考え方とその実践法を探る特集です。
創刊特別企画「幸之助さんの教えに学んだこと」では、パナソニック特別顧問で前社長の大坪文雄氏が、変革期の経営で決断の拠り所となった松下幸之助創業者の経営理念や人生哲学をエピソードとともに紹介。そのほか、ビジネスでの実践に焦点をあてた「Business Skill Review(ビジネス・スキル・レビュー)」では、心理学者の植木理恵氏の新連載がスタート。月読寺住職の小池龍之介さん、落語家の立川談四楼さんなどの連載も読みどころです。