衆知【2017年9・10月号】特集「スピードで勝機をつかむ」

在庫あり

衆知【2017年9・10月号】特集「スピードで勝機をつかむ」

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [編]PHP研究所
税込価格 1,080円(本体価格 1,000円)
判 型 A4変型判
仕 様 並製
ページ数 96ページ

三井住友フィナンシャルグループの舵取りを担ってきた奥正之氏をはじめ、柳井正氏、寺島実郎氏が混迷する現代を読み解く。スピード経営を実践するリーダーたちの哲学も必読。

一流のリーダーに学び“人間力”を磨く

2017年9-10月号の巻頭は、三井住友フィナンシャルグループの経営の舵取りを担ってきた奥正之名誉顧問とパナソニック松下正幸副会長との特別対談。どのように伝統精神を受け継ぎ、激動の経済情勢に対応するかなど、幅広いテーマで語り合っていただきます。また、特別企画として、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏と日本総合研究所会長の寺島実郎氏が対談。混迷する世界で日本企業が取るべき道を論じ合っていただきます。
特集「スピードで勝機をつかむ」では、スピード経営を実践するための秘訣に迫ります。
驚異的なハイペースの出店で「いきなり!ステーキ」を急成長させているペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長には、ブレークスルーとスピード展開をもたらした常識破りの経営哲学をうかがいます。また、650社以上の経営者を指導し、経営改善に導いている武蔵野の小山昇社長には、生産性を高めて成果を出すための戦い方と仕組みづくりを指南していただきます。そして、DVD等のレンタル事業やゲームの販売・買取をはじめ、リユースやモバイルの分野で攻勢をしかけるゲオホールディングスの遠藤結蔵社長には、直営店の機動力を活かした事業展開についてうかがいます。
シリーズでは、紀伊國屋書店の高井昌史社長が全国の有力学校法人トップと教育の未来を語る新企画がスタート。第1回は、早稲田大学の鎌田薫総長にご登場いただき、正解がない問題に果敢に挑戦する人材をいかに育てるかをテーマに語り合っていただきます。「京都企業シリーズ」では、インナーウェアトップメーカーのワコール安原弘展社長に経営哲学をうかがいます。また、「松下幸之助経営塾」の講義録では、作家の童門冬二氏が歴史をひもときながら、経営トップが果たすべき役割を語ります。

※年間購読(送料弊社負担)のお申し込みこちら