衆知【2020年3・4月号】特集「士気を高める」

在庫あり

衆知【2020年3・4月号】特集「士気を高める」

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [編]PHP研究所
税込価格 1,100円(本体価格 1,000円)
判 型 A4変型判
仕 様 並製
ページ数 96ページ

キーコーヒー、日本レーザーなど、士気向上で成果を生む“規格外”の取り組みとは。竹中工務店の強さの秘訣に迫る対談、ローソン竹増貞信社長と元カルビー会長・松本晃氏の実践経営哲学も必読!

一流のリーダーに学び“人間力”を磨く

2020年3-4月号の巻頭対談ゲストは、竹中工務店の竹中統一名誉会長。「棟梁精神」と「品質経営」にもとづく人材育成やグローバル戦略など、同社の強さにつながる様々なテーマについて、パナソニック松下正幸特別顧問と語り合います。
特集「士気を高める」では、独自の取り組みで士気を向上させ、成果につなげているリーダーたちの実践を取り上げます。コーヒーの農園事業から製造、販売、その他関連事業まで幅広く展開するキーコーヒーの柴田裕社長には、お客様の声から喜びと発見を得て成長する人材育成について語っていただきます。かつての破綻寸前の状態から、26期連続黒字の優良企業となったレーザー専門商社・日本レーザーの近藤宣之会長には、再建の鍵となったモチベーションアップの仕組みづくりと「社員ファースト」の考え方についてうかがいます。「おかしのデパートよしや」を展開し、業界ナンバーワンの利益率を誇る吉寿屋。創業者の神吉武司相談役に、社員と家族、そしてパートナーも幸せにする「ご褒美経営」についてうかがいます。筒や容器など様々なパッケージ製品の製造を手がける昭和丸筒の湯浅祥弘社長には、社会貢献を重んじる経営理念の実践と人材育成について、松下幸之助の教えと重ね合わせつつ語っていただきます。人づくりと組織活性化のヒントを探る特集です。
好評シリーズ「幸之助さんと私」では、ローソン竹増貞信社長が登場。感銘を受けたという松下幸之助の「人を活かす」考え方を、部下指導や組織運営でどのように実践しているのか。働く人の持ち味を活かし、「お店柄」で地域に貢献する取り組みをうかがいます。「松下幸之助経営塾」では、元カルビー会長兼CEOの松本晃氏の講義を収録。仕組みと環境を整え、成長企業に生まれ変わらせた経営改革の実践哲学を明かします。