住宅産業で働く人の<br>実践!コンプライアンス

在庫あり

イラスト&ケーススタディー60
住宅産業で働く人の
実践!コンプライアンス
~企業の社会的責任から職場の倫理問題まで~

  • 目次

    本書の目次などを、パンフレットのPDFデータでご覧いただけます。
  • 見本ページ

    商品本体のページの一部のPDFデータをご覧いただけます。

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。

執筆/監修 [監修]田中宏司(経営倫理実践研究センター理事・首席研究員)
[編]経営倫理実践研究センター
[協力]秋野卓生(弁護士)
税込価格 648円(本体価格 600円)
判 型 A5判
仕 様 並製
ページ数 64ページ

正しい知識と適切な対応で、予期せぬトラブルを未然に防ぐ!

一生一度の大きな買い物をするお客様を相手にする仕事ゆえに、法令遵守や道義的対応がいっそう求められる住宅産業。お客様の信頼を得るには関連法規や制度を理解し、常日頃から正しい仕事を心がけることが欠かせません。
本書は、営業・契約から設計、工事・引き渡しまでの工程で発生しかねない問題をケーススタディー式に取り上げ、考え方や理解のポイントをわかりやすく紹介します。

●以下の手順で住宅産業特有の「コンプライアンス」について、短時間で学べます。

1.コママンガ&解説でコンプライアンスの基本を学ぶ。

2.セクハラ、パワハラなど職場の日常業務で起こりやすい問題をショート・ケーススタディーで学ぶ。

3.住宅会社の実際の業務で起こりやすい専門的な問題をイラスト&ケーススタディーで学ぶ。

<OPTION>
500部以上ご注文の場合、表紙に貴社名を無料で印刷いたします。
詳しくはこちらからお問い合わせください。
備考 ◆◆◆本書の内容(一部抜粋)◆◆◆

第1部 コンプライアンスの基本を学ぼう
●コンプライアンスは、なぜ必要なの?
●住宅産業でコンプライアンスがいっそう求められるわけ
●コンプライアンスは、一人ひとりが主役
●お客様の視点に立って考えよう

第2部 一般業務ケーススタディー24
●顧客名簿をUSBメモリに保存し、持ち出してもよいか?
●社内でのアンケート情報の流用は許されるか?
●複数の人へ一斉にメールする際に、注意点はあるか?
●クレームに個人的に対応するのはよいことか? ほか

第3部 住宅業務ケーススタディー36
●知識があれば、土地の重要事項説明は誰がしてもOK?
●契約してもらえるまで帰らず、深夜に及んでも粘った
●会社に無断で多額のサービス工事を行ない、トラブルに対処した
●「先着○名様」はウソ。実は全員に特典を提供する
●インターネット広告については、厳格な審査をしていない
●設置すると建ぺい率オーバーのカーポートを、後施工として提案
●子ども部屋を「納戸」として申請し、採光面積の問題をクリア
● 隣地との境界が不明確だったので、勝手に設定した
●確認済証の交付を受けていないのに、着工し始めた
●現場近くの業者に脅され、仕事を発注した
●発注ミスによる増額分を、下請会社に負担してもらった
●「展示施設を社会見学させてほしい」との要請を断った ほか

◎行動振り返りチェックリスト


※この書籍は書店での一般市販はいたしておりません。