ふたりの子育てルール
発売日
2012年04月16日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-80402-6

ふたりの子育てルール
「ありがとう」の一言から始まるいい関係

著者 治部れんげ著 《雑誌記者》
主な著作 『稼ぐ妻・育てる夫』(頸草書房)
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 2児を持ち、雑誌記者として活躍する著者が、アメリカ共働き家庭からのヒントを活かし、これからの女性の生活スタイルを提案する。

働きながら子どもを持つこと、育児をしながら仕事もすること。これを楽しんでできるようにするにはどうしたらいいか。現在、経済記者として共働きをしながら2児の子育てを続ける著者が、夫婦のコミュニケーションと協力体制、望ましい職場のあり方などを様々な角度から実体験を通して考察する。

 日本の経済状況であれば、共働きをしながら子育てをする人はますます増えるであろう。そして日本の少子化を食い止めるためには、よりよい育児環境の整備が急がれる。なぜ、できないのではなく、どうしたらできるのか、という視点に立ち、これから共働きで子育てをしようと思っているカップルに、自らの子育てルールを提案しながら、共働き子育ての重要性を説く。「子育ては大変だけれど、ふたりで協力する育児をするのはすごく楽しい」という結論を導き出した共働きカップルの新しい生活提案。