北野家の訓え
発売日
2003年10月08日
在 庫
在庫なし
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-63186-8

強く、たくましく生きる
北野家の訓え

著者 北野大著 《淑徳大学教授》
主な著作 『資源・エネルギーと循環型社会(編著)』(三共出版)、『ドクター北野の何でも好奇心』(NHK出版)
税込価格 836円(本体価格760円)
内容 人生はかくあるべき――自らの経験に基づいた信念で生きる「下町家族・北野家」が語る、強く、たくましく生きるための人生のヒント。

「人生はかくあるべき」「正しい人間とはこうあるべき」……孟母・さき、自由人である父・菊次郎が、自らの経験に基づく信念に裏付けされた強さをもって遺した「下町家族・北野家」の流儀は、世界の北野武、工学博士マー兄ちゃんのこころの原点である。

 環境問題の専門家である著者は、「母から学んだこと」「常日頃感じていること」「こうしたらもっと良くなるのでは」と思うこと、「若い世代との交わりの中で気の付いたこと」などを気の向くままにまとめながら、「古臭い」「時代が違う」と読者の方々にいわれるであろうことにもあえて触れている。

 いつの時代でも人間の本質、人間としてあるべき姿はかわらないはずであるという視点に立ち、生活に対する物質的な満足を得ながらも、精神的な不安定感にさいなまれている現代人に、失いつつある日本人の美徳や生きる知恵の素晴らしさを伝授する。