榎本武揚から世界史が見える
発売日
2005年02月15日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-63851-5

榎本武揚から世界史が見える

著者 臼井隆一郎著 《東京大学大学院教授》
主な著作 『コーヒーが廻り世界史が廻る』(中公新書)
税込価格 864円(本体価格800円)
内容 グローバリゼーションの荒波を前にして、明治日本の舵取りを陰で担った男・榎本武揚。世界史的な視点で彼の後半生を追う画期的な試み。

長崎海軍伝習所を経て、オランダに留学。最新鋭軍艦・開陽丸に乗って帰国し、旧幕府艦隊を率いて五稜郭に立てこもった蝦夷島総裁。榎本武揚の真骨頂は、しかし、知られざる後半生にある。

 ロシア、清、朝鮮、メキシコ……榎本が動いた先は、必ず明治日本の転換点となる。そして、奇妙な糸で結ばれた謎の外国人と任侠の志士たち。遅れてきた帝国主義国家ドイツと日本の命運は。

 黒船襲来から日露戦争まで、グローバリゼーションの波に挑んだ最後の侍にして、最初の外交官。歴史をふりかえれば榎本武揚がそこにいる!

 [本書を彩る多彩なキャスト]榎本武揚、マックス・フォン・ブラント、安藤信正、堀利熙、プチャーチン、オイレンブルク、井上馨、秋山真之、山本権兵衛、金玉均、ビスマルク、荒井郁之助、安藤太郎、藤田敏郎、アルトゥール・ヴェーバー、ヘンリー・シュネル、ゲルトナー、志賀重昂、陸羯南、清水次郎長、天田五郎、谷干城、東海散士 etc.