人間の原点
発売日
2001年08月01日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-61412-0

人間の原点
苦難を希望に変える言葉

著者 三浦綾子著
主な著作 『氷点』(朝日新聞社)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 人間の原罪、神の慈悲、愛することの苦悩など、人生の原点を深く見つめてきた作家の箴言集。『氷点』をはじめ全著作より約200編を厳選。

本書は、99年に逝去した北海道旭川の作家・三浦綾子氏の小説、エッセイより、生きる指針となる名言名句を集めた箴言集。よく知られているように、著者は敬虔なキリスト教信者であった。しかしその作品はキリスト教の枠を越え、多くの人々が日常で感じている「よりよき生とは」「理想とは」「社会正義とは」「エゴイズムの克服とは」といった問題について言及し、多くの共感を呼ん。

 本書の見出しにも次のようなフレーズが並ぶ。「人は皆、奇跡的な存在である」「華やかに生きている人でさえ、孤独なのだ」「生きることは権利ではなく義務である」「男と女が魅き合う強烈な力とは」「差別やいじめのない教育」「思いやりと優しさの本質」等々。

 三浦文学の根底にある精神の自由と祈りは、北海道の過酷な風土に鍛えられた者たちのみがもつ優しさと、北海道の歴史の浅いゆえの心の自由さによるものだといえよう。

 あらゆる苦難を希望にかえる言葉230編である。