改革者蘇我入鹿
発売日
2017年07月07日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76752-9

改革者蘇我入鹿

著者 町井登志夫著 《作家》
主な著作 爆撃聖徳太子』(PHP研究所)
税込価格 1,058円(本体価格980円)
内容 なぜ、蘇我入鹿は殺されなければならなかったのか――最新の研究成果を踏まえ、東アジアを舞台に入鹿の知られざる実像に迫る長編小説。

本当の悪人は○○だった!

 日本史上最も悪評高い蘇我入鹿。しかし彼こそが「改革者」であった!?

 七世紀前半、大陸統一を果たした唐帝国の脅威は韓半島、そして倭国にも迫りつつあった。遣唐使に密かに同行し、唐や韓半島の情勢を目の当たりにした入鹿は、皇極女帝の信頼を得て、国を守るべく、新しい国づくりに邁進するが……。

 蘇我入鹿は、なぜ殺されなければならなかったのか。黒幕は誰か。最新の研究を取り入れつつ、大胆に謎に迫る大興奮の古代史エンターテインメント巨編。

 『飛鳥燃ゆ』を改題