吉原花魁(おいらん)事件帖
発売日
2018年05月08日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫切れ
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76842-7

吉原花魁(おいらん)事件帖
青楼(せいろう)の華

著者 有馬美季子著 《作家》
主な著作 <好評シリーズ>「縄のれん福寿」シリーズ(1~5)(祥伝社文庫)
税込価格 799円(本体価格740円)
内容 消えた香炉の行方、不可解な文が添えられた料理の注文……。江戸の不夜城・吉原で相次ぐ事件を花魁の頂点に立つ華舞が鮮やかに解く時代小説。

夢も現も紙一重。ならば今宵は覚めぬ夢を。ここは吉原、幻の城――。

 花魁道中の最中に矢で狙われたのは、花魁かそれとも客か。得手の三味線を乱した芸者が文に託した真意とは。叶わぬ思いに自害を図った遊女の“想い人”の正体は。吉原と島原を表す料理とは一体……。吉原随一の花魁となった華舞が、欲望と嫉妬が渦巻く世界で、不可解な謎を艶やかに解き明かしていく連作短編小説。

 文庫書き下ろし。