「医療崩壊」のウソとホント
発売日
2009年09月16日
在 庫
在庫なし
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-77170-0

「医療崩壊」のウソとホント
国民が知らされていない現場の真実

著者 本田宏著 《済生会栗橋病院副院長》
主な著作 『誰が日本の医療を殺すのか』『医療崩壊はこうすれば防げる!』(以上洋泉社)
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 「医療崩壊はなぜ起こるの?」「そもそも医療崩壊って何?」「どうしたら防げるの?」医療に関する様々な疑問に現役医師が答えます!

救急患者の受け入れ拒否、長い診療待ち時間、お産難民の発生……。

 日本全国から「医療崩壊」の報告が後を絶ちません。

 日本の医療は一体どうなってしまったのでしょうか。

 

 ◎診療所と病院の違いってなに?

 ◎ふつうはお客さんが多ければ多いほどお店は儲かるのに、待合室に患者さんが溢れている病院がなぜ潰れるの?

 ◎夜間診療にはちゃんと割増料金を払っているのに、「コンビニ受診」のなにがいけないの?

 ◎なぜここ数年で一気に医療崩壊が加速したの?

 ◎大病院が集まる都心部で、なぜ受け入れ拒否が起きるの?

 

 これらの疑問にあなたは正しく答えることが出来ますか?

 誰にとっても身近な問題でありながら、意外と知られていない医療現場の真実を、現役医師がやさしく説明します。