おじさんの畑は、今日もにぎやか。
発売日
2009年11月16日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
B6判並製
ISBN
978-4-569-77442-8

おじさんの畑は、今日もにぎやか。
私がみつけた都会の片隅の小さな農家

著者 さげさかのりこ著 《イラストレーター》
税込価格 1,728円(本体価格1,600円)
内容 都会の片隅で、畑をしている「おじさん」。毎日、こつこつと耕し、蒔き、育て、収穫され、また耕される畑、おじさんの畑は輝いている。

娘と一緒に保育園に登園する途中でみつけた「おじさんの畑」。5分も歩けば高層ビルのたち並ぶオフィス街なのに、駅のこちら側には、まだ緑の残る住宅街が広がっている。住宅地を抜け、神社の境内を通り抜けて出る高台の開けた場所に「おじさんの畑」はある。

 毎日、こつこつと耕し、蒔き、育て、収穫され、また耕される畑。次々と見事に実る作物、季節ごとに花が咲き、虫が集まり、近所の人が訪れる。何十年も、ずっと繰り返されてきた畑の日常。そこには、私たちが忘れかけていた豊かな時間があった。

 イラストレーター・さげさかのりこが5年にわたって追いかけ続けた、おじさんの畑仕事と畑の様子をカラー写真満載でつづる。都会の片隅でキラリと輝く、おじさんの畑は、今日も静かににぎやかだ。