脳は利他的にふるまいたがる
発売日
2009年12月11日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-77529-6

脳は利他的にふるまいたがる
報酬と行動のナゾを解く脳科学

著者 村井俊哉著 《医学博士、京都大学大学院医学研究科准教授》
主な著作 『人の気持ちがわかる脳』(ちくま新書)
税込価格 1,430円(本体価格1,300円)
内容 切符売り場で困っている人がいたらあなたは助けますか? 脳科学の最新の研究結果を交えながら、人間の意思決定の仕組みについて考える。

今日の昼は、何を食べようか。

 この人と結婚しようかどうしようか…。

 日常の瑣末な事から、人生を左右する重大な事まで、私たちは日々、何かを決断しながら生きている。

 人がその行動を決める時、そこには打算が働くのか、それとも使命感に動かされるのか、はたまた諦観によるものなのか。

 一人の人間の中で、相反する価値観やさまざまな葛藤が渦巻きながらも、脳は人間らしいふるまいへと私たちを導いていく。

 

 最新の脳科学の研究と臨床の現場から見えてきた、複雑な社会を生きるために人間の脳が獲得してきた「意思決定」の仕組みについて、読み解いていく。