のんちゃんとモンシロチョウ
発売日
2018年04月13日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
A5判上製
ISBN
978-4-569-78760-2

のんちゃんとモンシロチョウ

著者 西村友里作
はせがわかこ絵
主な著作 <西村・好評既刊>たっくんのあさがお』、『きらきらシャワー』(PHP研究所)
税込価格 1,188円(本体価格1,100円)
内容 クラスでモンシロチョウを飼うことになり、風花は図鑑を見てエサをつくってきました。ところが、チョウはエサを食べてくれません。

「やったーっ。つかまえたぞ」大ちゃんが学校の花だんでモンシロチョウをつかまえました。風花たちは生きもの係としてそのモンシロチョウを飼うことにしました。

 チョウのエサをつくることになった風花が、もう一度昆虫図鑑を見ようとしたら、すでにのんちゃんが図鑑を持っていってしまいました。のんちゃんはちょっと変わった子です。ほとんどしゃべらず、友達とも遊びません。昆虫図鑑が大すきで、いつも見ています。

 次の日、風花はエサをつくって学校に持っていきました。二日目も三日目も、エサをつくってきましたが、モンシロチョウがエサを食べているのを一度も見たことがありません。そして次の日、モンシロチョウは虫かごのすみっこで死んでしまいました。風花がチョウをティッシュにくるんで埋めに行こうとすると、のんちゃんも一緒についてきたのでした。

 生きものを飼うこと、そして生きものの生と死について考えさせられる幼年童話。