肉を食べる人は長生きする
発売日
2013年01月07日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-80894-9

肉を食べる人は長生きする
健康寿命をのばす本当の生活習慣

著者 柴田博著 《日本応用老年学会理事長》
主な著作 『中高年の健康常識を疑う』(講談社)
税込価格 1,540円(本体価格1,400円)
内容 老いない、ボケない100歳まで現役で生きる生活習慣を解明し、蔓延する「アンチエイジングの常識のウソ・ホント」を明らかにする。

肉を食べると太るとか、コレステロールが増えるとか言われているが、健康な高齢者は肉を常食としていることが多い。本書では、様々な地域で百寿者<100歳以上の高齢者>の調査を行ってきた筆者が、百寿者の共通項を分析し、健康寿命を伸ばす正しい健康習慣を提案している。高齢になってなお、生きがいを持った暮らし手に入れるためには健康が何より必要である。健康はあくまでも日々の暮らしのための一資源であり、生きる目的ではない。しかし、老化は人間である限り避けられないのであり、高齢者が生きがいを持ち続けるためには老化予防の生活機能維持という視点に立った生活習慣を提案している。

 第1章では健康常識のウソとホントを分析。第2章:健康で長生きしている人の本当の生活習慣を食事・栄養、運動、頭の使い方、社会貢献、理想的な暮らし方などから提案。第3章:天寿をまっとうするための知恵として現在の本末転倒した健康ブームに疑問提示する。