そうだったのか!! 「国土強靭化」
発売日
2014年05月19日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-81882-5

そうだったのか!! 「国土強靭化」
レジリエンス社会への挑戦

著者 古屋圭司著 《衆議院議員、国土強靭化担当大臣、拉致問題担当大臣、防災担当大臣、国家公安委員長》
税込価格 1,620円(本体価格1,500円)
内容 安倍政権は「レジリエンス(強靭)社会」を創造する! 現職担当大臣が、アベノミクス「第二の矢」の具体像と全体像を明らかにする。

道路が国民と地域、そして国家にとって重要な役割を担うことは論を俟たない。だが、南海トラフ地震や首都直下地震などの大規模地震をはじめとした、数々の国家的な巨大リスクに立ち向かうための「国土強靱化」を実現するには、道路に加えて、エネルギーや小・中学校の教育、IT技術や人材育成など、ハード面だけでなくソフト面も含めた取り組みをオールジャパンで進めていかなければならない。

 そうした認識のもと、安倍総理より「国土強靱化担当大臣」という重職を任命された著者は、この一年半にわたって、自民党の国土強靱化総合調査会をはじめ各方面の関係者と連携し、平成25年暮れに成立した「国土強靱化基本法」の考え方に基づいて、「レジリエンス(強靱)社会」の創造に向けて邁進してきた。

 他方、「国土強靱化」=「単なるバラマキの公共事業だ」という解説があるが、そうした誤解を正すとともに、その具体像と全体像を国民の前に明らかにする。