日本人の働き方の9割がヤバい件について
発売日
2015年09月18日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82358-4

日本人の働き方の9割がヤバい件について

著者 谷本真由美著 《作家》
主な著作 『ノマドと社蓄』(朝日出版社)
税込価格 1,620円(本体価格1,500円)
内容 カイシャは、もう守ってくれない。生き残りたければ、自分商店を開け! 海外の事例をもとに来るべき時代に備える働き方を提言。

なぜ日本人は、こんなに働き方で悩むのか?

 日本人は悩む理由を「自分」がダメだから……と思いがちです。しかし、本当は、「自分」がダメな理由、仕事で悩む理由は、今の自分が置かれた状況を作っている人や、それを支える「仕組み」が悪いからなのです。そんなおかしい日本の「働く仕組み」に気づかず、毎日がむしゃらに働いている人が多すぎるのが、日本の問題です。

 その日本の働く仕組みのどこがおかしいのか? 激変する世界情勢の中で、食べていくために、何をするべきか?

 ツイッター上、May_Roma(メイロマ)の名前で多くのフォロワーから愛されている、元国連職員でイギリス在住の著者が、海外の働き方の事例や最新の情報をもとに、来るべき時代に備える働き方を提言します。

 「カイシャ」は、もうあなたを守ってくれません。生き残りたければ、スキルを磨いて「自分商店」を開かなければならないのです!