家族が亡くなる前にやっておくべきこと
発売日
2016年04月22日
在 庫
在庫あり
判 型
A5判並製
ISBN
978-4-569-83025-4

モメない 後悔しない 損をしない
家族が亡くなる前にやっておくべきこと

著者 明石久美著 《ファイナンシャルプランナー、葬祭アドバイザー》
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 家族が亡くなったときに慌てない、きょうだいや親戚とモメない、金銭的に損をしないために事前にやっておくべき27のこと。

配偶者や親が亡くなったとき、知っておくべきことを知らなかったがゆえに、生前にやっておくべきことをやらなかったがゆえに、不本意な葬儀になってしまったり金銭的に損をしたりするケースは少なくありません。

 本書では、相続・就活コンサルタント、ファイナンシャルプランナーとして活躍する著書が、実際にあった失敗談をふまえながら、家族が亡くなる前にこれだけはやっておくべき事柄を27個紹介します。

 葬式からお墓、相続、遺言まで、図解とマンガを用いながら、ていねいにわかりやすく解説しました。巻末には、家族と話をするきっかけ作りに役立つメモ「亡くなる前にこれだけは書いておくべきこと」を収録。

 家族葬を行うことでトラブルになることがある/ネットの見積書の“安く見せるカラクリ”に注意/どのお寺でも永代供養ができるとは限らない/葬儀代を財産から差し引くには合意がいる/自分で作成する遺言書は不備があって無効になりやすい 等