「やさしさ」過剰社会
発売日
2016年11月15日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-83225-8

「やさしさ」過剰社会
人を傷つけてはいけないのか

著者 榎本博明著 《MP人間科学研究所代表》
主な著作 『「上からの目線」の構造』(日経プレミアシリーズ)
税込価格 864円(本体価格800円)
内容 本音で話せない友達、叱れない親、部下が傷つくのを恐れる上司……表面的なやさしさが蔓延する時代に、本物のやさしさとは何かを問う。

ある大学生は、自分の友だちに深刻な悩みごとは相談できないという。「友だちにそんな重たい話をして、負担をかけたくない」。しかしそんなに気を遣う関係が、友人関係と言えるのか。目を転じれば、子どもを叱れない親、部下を注意できない上司が世に溢れており、人を傷つけてはいけないという風潮があるようだが、背景には「子どもに嫌われたくない」「部下に訴えられたくない」といった思惑があるのではないだろうか。

 上っ面のやさしさが主流になり、あえて厳しいことも言う本物のやさしさが疎まれてしまう時代。日本古来の「間柄の文化」にも言及しながら、ベストセラー『「上から目線」の構造』を著した心理学者が現代の「やさしさ」を分析する。

 【目次より】
●人の気持ちを傷つけない人はやさしいのか? 
●聞き分けのいい母親より、厳しい母親でありたいと思う人は一二% 
●アドバイスを受けてムカつく部下 
●気遣いをさりげなく伝えるやさしさ etc.