超ソロ社会
発売日
2017年01月13日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-83276-0

超ソロ社会
「独身大国・日本」の衝撃

著者 荒川和久著 《博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクトリーダー》
主な著作 『結婚しない男たち』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
税込価格 924円(本体価格840円)
内容 20年後に日本は独身者が半分を占める国になる! 家族という集団から独身・ソロ社会への劇的な変化に我々はどう処すべきかを著す。

2035年、日本の人口の半分は独身者! 少子高齢化より深刻な日本のソロ社会化。結婚してもそのリスクから逃れられない。あなたは一人になっても生きていけるのか?

 2035年、日本の人口の半分が独身になる! 未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇や配偶者の死別による高齢単身者の増加など、確実に進行する日本のソロ社会化。高齢化や少子化ばかりが取り沙汰されているが、このソロ社会化こそ、日本が世界に先駆けて直面する課題だ

 「個」の生活意識や消費意識、価値観はどのように変化していくのか。

 内容例を挙げると◎未婚者は社会悪なのか? ◎働く女性が増える社会は非婚化へ進む ◎男たちは嫌婚になったのか? ◎9割が結婚したいというデータの嘘 ◎配偶者に依存しすぎる日本の夫婦 ◎消費の形が「個と個」の向きあいへ ◎ソロ社会は孤立社会ではない ◎家族とソロ社会とは対立しない 等々

 博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクトリーダーが問う日本の未来。