誤嚥性肺炎は10秒の「のどトレ」でくいとめる
発売日
2018年04月18日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
A5判並製
ISBN
978-4-569-84008-6

誤嚥性肺炎は10秒の「のどトレ」でくいとめる

著者 浦長瀬昌宏著 《耳鼻咽喉科医》
主な著作 『9割の誤えん性肺炎はのどの力で防げる』(KADOKAWA)
税込価格 1,296円(本体価格1,200円)
内容 誤嚥性肺炎予防のカギは「飲み込み力」! 女性でも、シニアでも、誰でも自由自在にのどを動かせるようになる、10秒間トレーニング。

日本人の死因第3位の肺炎。そのほとんどは、高齢者の誤嚥性肺炎が原因です。「のどによく痰がたまるほうだ」「食事中や食後にむせることが多い」「固形物よりも液体のほうが飲みこみにくい」など、若い人でも当てはまった人は注意が必要です! 誤嚥性肺炎予防のカギを握るのは、「のど仏」! ここを自在に動かすことができなければ、年齢にかかわらず“のどの認知症”となり、健康寿命が大幅に短くなってしまう恐れが! 「のど仏」がわかりづらい女性でも、筋肉が衰えたシニアでも、今からのどを自由自在に動かすことができるようになれば、いつまでも健康でいられるための「飲みこみ力」がアップします! 本書はカンタンに毎日できる10秒間の「のどトレ」や、万が一誤嚥してもスパッと吐き出すことができるようになる「息トレ」をわかりやすく紹介しています。まずは、食事中にのど仏を触ってみることから始めましょう!