中国金融の実力と日本の戦略
発売日
2019年08月09日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-84311-7

中国金融の実力と日本の戦略

著者 柴田聡著 《金融庁総合政策局参事官》
主な著作 『中国共産党の経済政策(共著)』(講談社現代新書)
税込価格 968円(本体価格880円)
内容 金融を知らなければ中国はわからない! 複雑かつ独特な中国の金融制度を明晰に解き明かし、日本人の視点からビジネスニーズに応える。

【日中金融協力の「仕掛け人」が明かす中国金融の最前線。急変化を遂げる市場に乗り遅れるな】

 ――いつの間にか、中国はフィンテック先進国とも言える目覚ましい発展を遂げていた。残念ながら、個人間決済については日本よりはるかに先行していることは明らかだった。中国フィンテックの劇的な発展を目の当たりにし、筆者は浦島太郎の気分を味わっていた。(「はじめに」より)

 2016年に世界最大となった中国の銀行市場。シャドーバンキングの資産規模は約900兆円、超富裕層の資産は2300兆円、日本の約1・3倍だという。さらに、個人間決済ではフィンテックの伸長著しく、キャッシュレス化率では日本を大きく引き離している。中国の大変化を理解するためには、こうした「経済の血液」である中国金融の理解は欠かせない。

 急成長を遂げる中国メガ市場において、日本はどのようにその「果実」を享受すべきか。日中金融協力の現場に立ってきた著者は、中国金融を把握するためには「リスクも正しく認識する必要がある」と述べる。「チャイナ・リスク」とはどこにあるのか、日本の対応策とは――エビデンスに基づく客観的な分析と豊富な図解により、中国金融の最前線を描き出す意欲作。

 (目次より)
●第1章 世界トップクラスに成長した中国金融市場─その秘密と課題 
●第2章 中国金融ビジネス最前線─日経金融機関の挑戦 
●第3章 なぜ日中金融協力が必要なのか?─未来を展望して