タピオカミルクティーで死にかけた土曜日の午後
発売日
2019年08月27日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
品切れ
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-84367-4

タピオカミルクティーで死にかけた土曜日の午後
40代女子 叫んでもいいですか

著者 辛酸なめ子著 《漫画家、コラムニスト》
主な著作 『大人のコミュニケーション術』(光文社新書)
税込価格 1,404円(本体価格1,300円)
内容 自分だけパーティに呼ばれていない、タピオカの誤嚥で死にそうになった……恐怖、焦り、感動! 叫びたい瞬間をイラストつき名人芸で描く。

「ある土曜の昼下がり、タピオカミルクティーを飲みながら颯爽と歩いていたら、喉に異変が。苦しい……タピオカをバキュームしたとき、まちがって気管に入ってしまったようです。(中略)タピオカブームは、もしかしたら年齢的に上限があるのかもしれないと、涙目でむせながら思いました」(本文より)。

 40代も半ばにさしかかった辛酸なめ子さんが、日常の思わず叫びたくなる瞬間を、エッセイとイラストで語ります。「『忙しいのに、何てことしてくれたの!』(咳をしながらマスクをしない男性編集者にインフルエンザをうつされて)」「『遺伝子くださーい! クローン作りたい!』(少年合唱団のコンサートで)」「『めっちゃ熱い!めっちゃ怖い!』(参拝客に火の粉がぶちまかれるという、大分の起源不明の祭り『ケベス祭り』に参加して)」……。

 感動、焦り、欲望、恐怖などを職人芸で切り取った珠玉のエッセイ21編。タピオカのように食感抜群です。どうぞご賞味ください!