人生を賭けて「家」を買った人の末路
発売日
2020年10月20日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-84764-1

人生を賭けて「家」を買った人の末路
年収1000万円で住宅ローン破綻する人、年収300万円でも完済できる人

著者 屋敷康蔵著 《一般社団法人建物災害調査協会理事》
主な著作 『震災バブルの怪物たち』(鉄人社)
税込価格 1,595円(本体価格1,450円)
内容 家の価格差は人件費、年収1000万で住宅ローン破産する人、離婚、災害など購入後の悲喜劇……住宅営業マンが教える家購入の指南書。

 著者は、消費者金融で不動産担保ローンの審査・貸付業務を10年経験した後、住宅メーカーに転身した、金融および住宅の裏を知り尽くした人物。住宅は初めての買い物となるケースがほとんどの為、皆経験無しに計画に入る。そしてその入り口となり晩年まで続く住宅ローン、入り口を間違えれば組んだ後も迷走してしまう。住宅を販売する側として、夢の始まりの家の選び方、買い方から、実際の契約法、そして夢を続けていくための不動産会社、銀行との付き合い方、その成功例、失敗例をエピソードを交えて明らかにする。

 ◎「家を買う」=「住宅ローンを買うこと」、建築知識が豊富な営業マンより金融知識に長けている営業マンを選ぶべき理由?

 ◎住宅メーカーの坪単価の違いは建物にあらず?

 ◎人の「幸福感」は持続しないもの「新築に感激して生活していられるのはいいとこ3年」?

 ◎離婚、災害・・・マイホームを手にした人々(住宅ローンを組んだ人々の「光」と「影」