渋沢栄一 一日一訓
発売日
2020年10月08日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
A6判上製
ISBN
978-4-569-84765-8

渋沢栄一 一日一訓
[現代語抄訳]青淵先生訓言集

著者 渋沢栄一 著/PHP理念経営研究センター 編訳
主な著作 『論語と算盤』(角川ソフィア文庫)
税込価格 1,353円(本体価格1,230円)
内容 不世出のリーダー「渋沢栄一」が残した名言録『青淵先生訓言集』の現代語抄訳版を「一日一訓」形式で刊行。人生を高める言葉の数々。

2024年から1万円札の顔になると発表された渋沢栄一。現在の顔である福沢諭吉には名著『学問のすすめ』がありますが、渋沢には『論語と算盤』だけでなく、多数の著述書があり、実業界の巨人として多くの名言を残しています。本書は渋沢の哲学が息づく言葉のなかでも特に現代に通用するものを選抜し現代語に翻訳、一日一訓の形式で書籍化したものです(底本は1919年に富之日本社より出版された『青淵先生訓言集』)。編訳者・PHP理念経営研究センターにより、必要に応じて、注釈(史実についての補記、文意の理解を補助するための簡潔な解説)も付されています。2021年NHK大河ドラマの主人公にもなる渋沢は、幕末から明治維新の激動期の日本において活躍、その近代化に大きく貢献しました。時代は変わり、今日のグローバル社会のなかで、日本人は大きな変化を求められています。先行き不透明な社会環境のなかで、渋沢の言葉が心の支えとなることを願っています。