ふしぎ
発売日
2021年09月07日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫僅少
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90151-0

ふしぎ
<霊験>時代小説傑作選

著者 宮部みゆき/西條奈加/廣嶋玲子/泉ゆたか/宮本紀子 著/細谷正充 編
主な著作 あやかし』、『いやし』、『ねこだまり』(PHP研究所)
税込価格 847円(本体価格770円)
内容 江戸のファンタジーは面白い! 「人の罪を映す」目を持った少女や、超能力を持つ拝み屋の少年の物語など、幻想的な傑作短編を収録。

 累計27万部突破の「時代小説傑作選」シリーズ第9弾!

 ちょっと怖いが、可愛くて切ない江戸のファンタジー。

 “罪”を映す瞳を持った少女、超能力のある拝み屋の少年……

 人気女性時代作家による豪華アンソロジー

 拝み屋の少年、日道が何者かに襲われた。日頃から日道を気にかけていた岡っ引きの茂七は下手人を探そうとするが……「遺恨の桜」(宮部みゆき)、元旦に垢抜けない少女が国見屋に迎えられた。主人夫婦は賓客として遇するが、息子の央介は彼女の目を見て怯える。じつは少女は、相手の“罪”を映し出す瞳の持ち主だった……「睦月童」(西條奈加)他、書き下ろし含む五編を収録。江戸のふしぎな物語を集めた短編集。