人名事典

>> 検索トップへ

猪瀬直樹

(いのせ・なおき)
作家。1946年、長野県生まれ。87年、『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞、96年、『日本国の研究』で文藝春秋読者賞をそれぞれ受賞。2002年、小泉政権下で道路公団民営化推進委員を務め、道路公団の民営化を実現。06年10月、東京工業大学特任教授、07年6月には東京都副知事、12年12月に東京都知事。

著書に、『地下鉄は誰のものか』(ちくま新書)、『突破する力』(青春新書インテリジェンス)、「言葉の力』(中公新書ラクレ)、『ミカドの肖像』『土地の神話』『欲望のメディア』(以上、小学館文庫)、『決断する力』『解決する力』(以上、PHPビジネス新書)などがある。
(データ作成:2013年)