「反日プロパガンダ」の読み解き方
発売日
2013年07月18日
在 庫
在庫なし
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-81279-3

「反日プロパガンダ」の読み解き方
歪められた歴史認識を正すために

著者 川上和久著 《明治学院大学教授》
主な著作 『新しいみんなの公民(共著)』(扶桑社)
税込価格 1,760円(本体価格1,600円)
内容 「アジア」という名の「中・韓」二国に対して謝る必要はありません――。繰り返される「日本の右傾化」なる情報操作に勝つ方法を伝授。

主権国家は当然、それぞれの主張を持っています。「反日」も、それぞれの国家の政治的思惑で、歴史的な事実であるかどうかは捨象しても、「つくられた事実」をもって政治目的のために使われることはあるでしょう。しかし、それぞれの主権国家の思惑でそういった「反日プロパガンダ」が跳梁跋扈するのを煽り立てる国内メディアもあり、その根底には、戦前・戦後の断絶のなかで刷り込まれた根強い「自虐史観」「反日史観」があります。

 本書では、そういった「反日プロパガンダ」が近現代史のなかでどのように行なわれてきたのか、そして主権国家が伸張していくなかで必然的に起きた「反日プロパガンダ」を過去どのように克服してきたのか、あるいは克服できないまま現在にまで引きずっているか――を読み解いたうえで、私たち日本国民がどう対峙していったらいいかについても、ぜひ考えていきたいと思います。

 (川上和久/本文より抜粋)