新エゴイズムの若者たち
発売日
2001年12月14日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-61939-2

新エゴイズムの若者たち
自己決定主義という価値観

著者 千石保著 《(財)日本青少年研究所所長》
主な著作 『「まじめ」の崩壊(共著)』(サイマル出版会)
税込価格 734円(本体価格680円)
内容 「自己決定主義」という価値観が今や若者たちの規範となっている。青少年研究の第一人者が、日欧米韓の国際比較をしながら検証する。

「自分で決めたことだから……」「自分の考えに従う……」。自己決定主義という価値観が今や若者たちの規範になりつつある。ときにそれは、法律や道徳を無視した、ワガママぶりを発揮する。一方で、国に貢献し、介護やボランティアに関わろうとする、まじめな若者層も確実に増えてきた。日本の若者たちは一体どこへ向かうのか。

 本書は、90年代の「ガングロ」「援助交際」「フリーター」現象から、新たな方向軸を示し始めた若者文化を検証。

 2001年に調査された「日韓米仏の四カ国の若者研究」によると、日本の若者たちの「自己決定主義」は顕著であるという。その内容は、結婚、純潔、家事などの分野では、伝統的な価値観を否定する一方、「自分の国に貢献したい」「親の面倒をみる」といった意識は高いことがわかった。いわば、新しいタイプの「まじめ主義」が広がっていることがわかったのである。若者研究の第一人者が独自のデータをもとに論考する。