西行法師 北行抄
発売日
2004年10月01日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-66241-1

西行法師 北行抄

著者 長尾宇迦著 《鈴木門下会会員》
主な著作 『幇間記』『籠の鳥』(以上文藝春秋)
税込価格 607円(本体価格552円)
内容 西行はなぜ出家したのか。奥州衣川への度重なる旅に秘められた思いとは――。老いた西行が愛弟子に胸奥の真実を語る異色の力作小説。

「おう、そうじゃ。吾らの枕元に置きし手控えをば寄こしてくれい」

 「はい、はい。数々のお歌などを書き留められしご大切にござりますな……」

 「おう、ここには、前後三度におよびし、奥州衣川に杖をひきし事の次第がこもっておるわ。さよう、これをひもときて、そちへの、耳の形見といたしたい」

 ――南河内弘川寺境内の草庵にて、愛弟子北弁にかしずかれて老衰の身を横たえる西行は、その入寂の近きを悟り、三度におよんだ奥州衣川への旅について、北弁を相手に静かに昔語りをはじめる。衣川への旅を続けながら、歌人は時代に何を見たのか? 数々の名歌に託されたメッセージとは? 旅の記憶、詠んだ歌への思いから、やがて若き日の恋や出家の真相など、「漂泊の歌人・西行」の内面が浮き彫りになっていく。

 著者ならではの味わい深い描写で、老境の西行の心象風景を見事に再現した本作は、謎多き“歌聖”の真実に迫った意欲作である。

 文庫書き下ろし。